博報堂と博報堂プロダクツ、ビッグデータ分析ツールの提供を開始

share

博報堂と博報堂プロダクツは2日、データマネジメント関連ビジネスを手掛けるアイウェイズ(東京・新宿)と共同で、企業が保有するビッグデータを簡単に分析・可視化できるクラウド型データ分析ツール「HAKQEN(ハッケン)」の提供を開始すると発表した。

クリックテック・ジャパン(東京・港)が提供するビジネス・インテリジェンスプラットフォーム「QlikView」をクラウド化したもので、システム提供だけでなくデータの運用や課題発見のための分析、実際の活用のためのプランニングまで提供する。従来のビジネス・インテリジェンスツールに比べ、コストを抑えて提供できるのが特徴。

具体的には、プロモーションのPDCAを促進する分析用のテンプレートを50個以上用意。時系列分析やプラットフォーム分析などといったテンプレートを企業が選択することで、短期間かつ低コストでの分析が可能となった。このほか博報堂が保有しているPOSデータやマーケティングデータを組み合わせることができる。

想定クライアントとしては流通・小売業、飲食業など顧客カードやポイントカートを保有する企業、通販や保険などの販売データを扱う企業など。各社でプロモーションに活用してもらうのが狙い。

Follow Us