来店客の全身コーディネートを“情熱的に”提案するキャンペーンスタート――ユナイテッドアローズ

share

ユナイテッドアローズは、来店客に全身コーディネートを提案し、ファッションの力で来店客の「世界を変える」ことを目指す“情熱接客”を9月6日から展開する。取り組みは、秋冬キャンペーン『UNITED 世界を変える ARROWS』の一環として行われるもの。昨年好評を博したことから、2回目となる実施に踏み切った。

「情熱接客」は、販売員が10分間の中で接客力と提案力を生かし、それぞれの来店客に合った全身コーディネートを“情熱的に”提案するもの。コーディネートを着用した全身写真を撮影し、特設サイトへの掲載を許可した来店客は、空くじなしの福引を引くことができる。福引では、洋服や小物、雑貨などの商品に加え、ユナイテッドアローズの「店舗貸切券」や、展示会への招待券、その日に使える最大で15%オフとなるクーポンなど、多数の景品が用意されている。

期間中、ユナイテッドアローズの創業メンバーであり、現在同社のクリエイティブディレクション担当上級顧問を務める栗野宏文氏、クリエイティブディレクターの鴨志田康人氏、バイヤーの小木“POGGY”基史氏が店頭で情熱接客を行う“キャラバンイベント”も予定。情熱接客は、全国35店舗、584人の販売員が参加して開催される。期間は10月14日まで。

Follow Us