来店すると楽天スーパーポイントが貯まるサービスが4月スタート

share

楽天のグループ会社で、来店ポイントサービス「スマポ」を提供しているスポットライトは、来店促進サービスアプリ「楽天チェック(仮)」を4月2日から開始する。

「楽天チェック(仮)」は、店舗に立ち寄るだけでポイントが貯まる無料アプリ。

ユーザーは、スマートフォンにアプリをインストールし、提携加盟店に来店してチェックイン操作をするだけで、商品の購入に関係なく「楽天スーパーポイント」を獲得することができる。貯まったポイントは、楽天のさまざまなサービスで利用できる。

サービス導入店舗は、「楽天スーパーポイント」をフックに、楽天会員約9000万人に対して実店舗へ送客する施策が行えるようになる。

すでに、「楽天チェック(仮)」アプリ事前予約サイトはオープンしており、サービススタートとなる4月2日当日にアプリをダウンロードした先着1万名に100ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施する。

 「O2O」関連記事はこちら

<ユーザーのメリット>スマートフォンに無料の専用アプリ「楽天チェック(仮)」をインストールし、提携加盟店に来店してチェックイン操作をするだけで、商品の購入に関係なく「楽天スーパーポイント」を獲得することが出来ます。貯まったポイントは、楽天のさまざまなサービスで利用できます。
<店舗のメリット>約 9,000 万人の楽天会員に対して、「楽天スーパーポイント」をフックに実店舗集客を実現します。

Follow Us