学研がロスジェネ世代のママへ新雑誌創刊――Webとリアル店舗連動

share

学研パブリッシングは28日、20代後半から30代前半の主婦をターゲットとする買い物情報誌『aene(アイーネ)』を創刊した。

雑誌、Web、実際の店舗を連動させた「体験型複合メディア」とうたっており、複数のチャネルから商品の魅力を伝え、物販につなげる。リアルな体験や口コミからモノを買いたい読者と、モノ選びにシビアなアラサー世代にリーチしたい企業のニーズに応える。

毎月28日発売で、15万部発行。全国書店のほか、電子版も同時発売する。

「買い物を通じてママたちに幸せを感じてもらえるような雑誌を作りたい」と意気込む岩見奈津代編集長。

aeneは、「あ、いいね」が名前の由来。「ママたちがいいねと思うものを紹介し、読者がいいねと思ったものを発見する」という願いから名づけた。

誌面では、ランキング形式や実際の使用体験比較で商品の特性を解説。Webでは、動画で商品を紹介し誌面を補完するほか、ブログ会員約7000人、一般会員約3万人による口コミも紹介。

クライアント商品のモニターも募集する。また、イオンモール幕張新都心(千葉県)にリアル店舗を常設し、誌面やWebと連動した商品展示やサンプリング、イベントなどを開催する。

創刊に先立ち、27日に都内で開かれた記者発表会で、編集長の岩見奈津代氏は「ママは、家族消費のほとんどを担い、一番もの選びの情報を必要としている。

一方、アラサーはロストジェネレーション世代といわれ、商品選びにシビアで、リアリティのある口コミや体験が大切。リアルなママの口コミが読める、信頼できる誌面づくりを心がけたい」と意気込みを語った。

また、aeneでは、従来の女性誌が取り上げてきた都市集中型の生活情報だけでなく、インターネットや郊外型のショッピングモールで、地方にいながら買い物を楽しむ郊外型のライフスタイルにも注目。郊外で暮らすことを「郊外型ハピネス」と名づけ、新しい幸せの形として提案していく。

同誌では、創刊に先立ち、20~40代の主婦4793人を対象に、「暮らし」「家族」「お金」「食事・健康」「モノ・趣味」の5指標を数値化した「幸福度」を調査。最も主婦が幸せに暮らせる街に、神奈川県藤沢市が選ばれた。

同日の記者発表会には、藤沢市の鈴木恒夫市長も登場し、「とても光栄。藤沢市は、適当に都会で適当に田舎。移動手段もある一方で、自然や農水産物も豊富で、バランスが取れている」と述べた。

主婦が幸せに暮らせる街NO.1に選ばれた藤沢市の鈴木恒夫市長。

郊外での生活を満喫している、ダイアモンド☆ユカイさん(左)とスザンヌさん(右)。。

また、記者発表会には、現在郊外に住んでいる、タレントのスザンヌさん、ダイヤモンド☆ユカイさんも登場。福岡市に住むスザンヌさんは「自然豊かで子どもと一緒にお散歩できるところが沢山あります」と、「郊外型ハピネス」を満喫している様子。

また、栃木県佐野市に住むダイヤモンド☆ユカイさんは「1時間ちょっとで都心に行けるし、ラーメンもおいしい。空は青くてLAのよう」と魅力を語った。

Follow Us