ADK、データベースマーケの新会社設立

share

消費者意識調査やメディア接触、購買行動を統合

アサツー ディ・ケイ(ADK)は30日、消費者の意識調査や行動データ、メディア接触状況などを統合したデータベースを基に、マーケティング・コンサルティングを行う100%子会社を設立し、営業を開始した。

新会社「アクシバル(Axival)」では、ADKが蓄積してきた消費者の意識・価値観・生活行動などのデータと、調査会社インテージが提供する購買データやメディア接触状況を合わせ、独自のデータベースを構築。同じ対象者を複数のデータで分析し、購買行動の変化や投資効果を導き出す。ほかにも広告主企業に向けた広告制作のオリエンテーション立案や、詳細な消費者像の作成、メディアプラン策定を行う予定。

代表は、ADKでメディアプランニング室を立ち上げ、実務のほか、プランニング手法の研究開発に携わってきた沼田洋一氏。資本金は7500万円で、拠点は東京都港区西新橋に置く。

アクシバル」関連記事はこちら

Follow Us