コラム

全広連名古屋大会 特集

各地の広告協会から〔2〕(山梨~広島)

share

【前回のコラム】「各地の広告協会から〔1〕(北海道~長野)」はこちら

広告界最大級のイベント「全日本広告連盟大会」が今年5月、名古屋市で開かれ、62回の歴史で過去最大の1600人が来場しました。主催は広告界の業界団体である公益社団法人全日本広告連盟(全広連)です。この企画は、全広連と宣伝会議とのコラボレーションの一環で、名古屋大会のレポートや地域ごとの取り組みを紹介します。

全日本広告連盟は全国37の地域広告協会で構成されます。広告協会は広告主、広告業、媒体社ら地域広告界の主要構成員が会員となり、広告賞ほか顕彰制度や懇親など、それぞれ地域に根ざした活動を展開しています。全37の広告協会のいまの取り組みや、地域経済・広告界の動きを紹介します。

【山梨】甲州弁に注目も

昨年の富士山世界文化遺産登録、国民文化祭などの大きなトピックもなく、やや元気のなかった山梨にも、少しずつ明るい話題が出てきている。

NHK「花子とアン」の舞台・山梨や甲州弁への関心が高まる中、6月28日に圏央道の区間開通で中央道と東名高速が結ばれ、甲府-横浜港間が約30分短縮されたことで、物流の活性化などに期待が高まっている。夏には山梨県立美術館で「生誕200年ミレー展」も開催。ヴァンフォーレ甲府も2季連続J1で奮闘しており、広告活動を通じて首都圏からの観光客を増やしつつ、山梨経済を「こぴっと(しっかり)」したものにしたい。(山梨広告協会)

【富山】優れたクリエイティブ顕彰

第21回とやまクリエーター大賞受賞の北陸銀行の広告に使われたイラスト

優れた創作活動を行った広告制作者や、企画の立案・実施者を顕彰する「とやまクリエーター大賞」(全広連協賛)は、今年度で22回目を迎えます。広告活動が地域の活性化に貢献している好例として、毎年、賀詞交歓会の場で表彰しています。

最近は、クリエーターに限らず、企業の広報や宣伝部署がプロデューサーとしての役割を果たすケースも多く見られるようになりました。2015年3月の北陸新幹線開業に向け、富山をアピールする富山にこだわる広告を期待しています。(富山広告協会)

【金沢】金沢から新しい広告の可能性発信

県民待望の「北陸新幹線金沢開業」まで1年を切りました。来年の「第63回全日本広告連盟金沢大会」も同時にカウントダウンが始まっており、金沢広告協会では開催準備を着々と進めているところです。

2015年5月20日~22日に開かれる金沢大会のテーマは「金沢発。『広告のかがやき』と、五感の、お・も・て・な・し」です。ぜひ新幹線で金沢にお越しいただき、金沢の様々な文化・歴史を肌で感じていただきたく存じます。心よりお待ち申し上げます。(金沢広告協会)

【福井】舞若道、7月に全線開通

かねてより建設中であった、舞鶴若狭自動車道の小浜~敦賀間がこのほど完成、7月20日に待望の全線開通となる。これにより北近畿一円の広域連携が可能になり、特に敦賀から高浜間の嶺南と福井県内全域への経済効果が期待される。

今夏にむけて、福井県全体が関西・中国・山陰圏からの誘客にやっきになっており、媒体広告やイベントをはじめとするPR合戦が盛んだ。

福井広告協会もこれらの成功事例を研究し、観光立県の一翼を担いたい。(福井広告協会)

次ページ 「【岐阜】【静岡県】【京都】【大阪】【神戸】」に続く

Follow Us