コラム

いま、地域発のクリエイションが面白い!第2弾

「札幌は、コピーライターにとって楽園である」——その心は…?

share

メガネの奥で光る“疑いの目”

また、札幌ではコピーライターが希少です。業界外の方に、コピーライターと名乗ると「え、札幌にもコピーライターっているんですね!」と驚かれることがあります。ちゃんとコピーを書く力があれば、クライアントや広告会社、デザイナーなどから重宝がられるに違いありません。

そんな札幌で街の広告を見ていると「素材の良さそのまま」系のコピー、つまり、食品なら「おいしい!」とそのまま言っている系統のコピーが、多いように思います。

これは、昔から北海道は広告に限らず、「良い素材があるのに、見せ方・売り方があまり上手じゃない」と言われていることにつながる気もします。すなわち、コピーライターが活躍できる余地がまだ限りなくあるということ。特に道外のクリエイターの方からすると、改善できる点ありまくりの状態かもしれません。

そんな環境で、コピーを書く際に心がけているのは、「疑う」ということでしょうか。もともと疑い深い性格なのですが、「この商品の良さは、○○です」と提示された時も、「それは、本当かなぁ」とメガネの奥から疑いの目を向けます。これは、コピーライターの基本だとは思うのですが、ここ札幌で仕事をしていると、それを特に意識しているかもしれません。

そんな疑い深い気持ちから生まれたのが、
アベールジャパンという人材派遣企業のコピーです。

「嫌な先輩」篇

 

「辞令」篇

得てして、こういった人材系のCMは、「明るい未来が待っている!」的なメッセージになりがちですが、もっとターゲットの本音に近い言葉を考え、
「 『好き』に、正直な働き方を。 」
というタグラインを書きました。

最後に、同じくアベールジャパンのラジオCMもご紹介します。ラジオのナイター中継で流すために考えたものなのですが、野球場のウグイス嬢が、人材ビジネスに関連する内容を場内放送するという企画です。1試合で5回以上のCM放送チャンスがあるため、5タイプ制作しました。

「ごめん吉田」篇

SE
(野球場のガヤ)
ウグイス嬢
ピッチャーの交代をお知らせしようとしましたが、選手が不足しております。
そのため、打ち込まれているピッチャー吉田の続投をお知らせ致します。
ごめん…吉田!
NA(男)
そんな時は、ご連絡ください。
人材を求める職場に。
アベールジャパン。

「監督交代」篇

「退職」篇

「ピッチャーわたし」篇

「レフトライト」篇

月並みですが、予算など色々な制約があるからこそ、こういうバカバカしいアイデアと言葉が主役になるような仕事を手掛けられるのかなぁと思っています。

おそらく、これからもここでコピーを書き続けていきます。そして、ひとりでも札幌に面白い作り手が増えると、ますます札幌は私にとって楽園になりそうです。

Follow Us