ACC賞テレビ部門、上位10作品中4作品がTUGBOATの企画

share

昨日発表になった「2014 54th ACC CM FESTIVAL」の応募総数は2278本。テレビ部門には1455本の応募があり、グランプリ1本、ゴールド9本、シルバー10本、ブロンズ22本、ファイナリスト63本が選ばれた。

テレビ部門のみ、今年度よりゴールドに順位がついた。

テレビ部門は審査の結果、グランプリをはじめ、ゴールド1位の全国都道府県及び20指定都市「LOTO7」、3位のトヨタ自動車「ハリアー」、8位の大和ハウス工業 企業広告と、上位10本中4本がTUGBOAT による企画(CD岡康道、プランナー多田琢)が選ばれた。ペプシNEXのCMを演出した井口弘一さん、撮影のDarren Lewさん、ハリアーのライトマン Attila Dócziさんはクラフト賞を受賞している。

初となるインタラクティブ部門では、本田技研工業「Sound of Honda /Ayrton Senna 1989」が他を大きく引き離してグランプリに。そのためインタラクティブ部門のゴールドは該当無しとなった。

【関連記事】「ACC賞グランプリはペプシNEX ZERO桃太郎、インタラクティブ部門初のグランプリは「Sound of Honda」に」

テレビ部門ゴールド

1位

全国都道府県及び20指定都市「LOTO7」LOTO7 話は変わる篇 120秒、「金曜抽せん」LOTO7 話は変わる篇5話 30秒、「金曜抽せん」LOTO7 話は変わる篇6話 30秒 CO発生中
(電通+TUGBOAT+電通クリエーティブX)

award2-1

2位

リクルートホールディングス「リクルートポイント」すべての人生が、すばらしい。 120秒(電通+パドル)

award2-2

3位

トヨタ自動車「ハリアー」H.H.篇sideA 90秒、H.H.篇sideB 90秒、H.H.篇sideA+B 2画面 60秒(TUGBOAT+デルフィス+東北新社)

award2-3

4位

東海テレビ放送「自社キャンペーン」特別な日篇、ふたつの取材班篇、記者とカメラマン篇、気持ち篇、震災バブル篇、忘れないで篇 各30秒(電通 中部支社+シースリーフィルム+Zaxx+東海テレビプロダクション)

award2-4

5位

エイベックス通信放送/NTTドコモ「dビデオ」出会い篇、転校生篇、家篇、海篇、駅篇 各30秒(もり+電通+モリモリ)

award2-5

6位

本田技研工業「インターナビ」Sound of Honda /Ayrton Senna 1989 90秒(電通+電通クリエーティブX+ライゾマティクス+Qosmo +シプー)

award2-6

7位

サントリーホールディングス「BOSS」宇宙人ジョーンズ・コンサート篇 30秒、宇宙人ジョーンズ・コンビニ篇 30秒、宇宙人ジョーンズ・マンション篇 60秒、宇宙人ジョーンズ・黒ドレスの女篇 30秒、宇宙人ジョーンズ・用具係(涙)篇 30秒(シンガタ+ワンスカイ+電通+東北新社+ギークピクチュアズ)

8位

大和ハウス工業 企業広告「ここで、一緒に」初雪篇 60秒(TUGBOAT+電通 関西支社+ロボット)

award2-8

9位

トヨタ自動車「TOYOTOWN」TOYOTOWN2013(前)90秒、夫の秘密篇 60秒、となり町篇 60秒、ガソリンスタンドの女篇 60秒、郵便配達の充電篇、ジーンズ市民集会篇 60秒、妻の仕事篇 60秒(シンガタ+ワンスカイ+トレードマーク+電通+ギークピクチュアズ)

award2-9

ラジオCM部門ゴールド

Follow Us