ビームス、RFIDタグで商品情報提供 購入実績などと比較

share

ビームスは18日、RFID(無線自動識別)タグを活用して、子ども服のコーディネート情報などを表示する実証実験を始めた。商品ごとの情報閲覧回数や、購入実績などを照らし合わせ、商品開発などに活用する。商業施設「ららぽーとTOKYO-BAY」(千葉・船橋)内の「ビーミングライフストア」で12月19日まで実施する。機器の企画開発は富士通。

鳥の巣箱をモチーフにしたハンガーに服をかけると、内蔵されたRFID(無線自動識別)リーダーがタグを読み取り、画面に商品情報が表示される。

RFIDの読み取り装置とディスプレイを備えた、鳥の巣箱型のハンガーを店内に設置。商品をかけると、コーディネート例のほか、カラーやサイズ、在庫情報などが画面に表示される。

ビームスは2012年からRFIDを導入し、決済や棚卸し、在庫管理などの業務運用に活用していたが、今後は顧客サービスやマーケティング精度の向上にも生かす考え。ECサイトとの連携も視野に入れている。


「ビームス」に関連する記事はこちら
「RFIDタグ」に関連する記事はこちら

Follow Us