CA子会社CyberZ、台湾リワード広告運営企業と資本提携

share

サイバーエージェント子会社のCyberZは、台湾の広告会社Offerme2 Mediaとの資本提携を24日、発表した。同社は、広告主のスマートフォンアプリをインストールしたり、会員サービスに入会したりなどするとポイントがもらえ、貯めたポイントをクーポンなどと交換できる「リワード広告」のプラットフォーム「Offerme2」を運営する企業。

「Offerme2」には12月時点で、三菱自動車工業やブリヂストン、富士フイルム「アスタリフト」などが出稿している。また、クーポン提供元としてファミリーマートやモスバーガーらも名を連ねている。

CyberZは、東アジアのスマホゲーム市場規模を2013年時点で9168億円と推計。中でも台湾市場は12年比で約5倍に伸長しているとして、提携に至ったという。CyberZとOfferme2の両社は今後、スマートフォン広告事業の拡大を図り、国内外における広告主のアジア進出支援の強化を図る考え。


「サイバーエージェント」に関連する記事はこちら
「CyberZ」に関連する記事はこちら

Follow Us