サイバーエージェント「クリエイティブ強化」宣言、NIGO氏起用でロゴ変更

share

サイバーエージェントは3日、デザイナーのNIGO(ニゴー)氏を総合クリエイティブディレクターとして起用し、コーポレートロゴと「Ameba」のブランドロゴを一新したと発表した。

NIGO(ニゴー)氏

同社は現在、スマートフォン市場を軸に、主力のAmeba事業とインターネット広告事業、ゲーム事業のほか、第4の柱として動画・音楽のエンターテインメント事業に注力している。ユニクロやアディダスなどのアパレルブランドや国内外のアーティストの映像制作、音楽プロデュースも手掛ける同氏の起用によって、クリエイティブの強化を図る狙い。新ロゴは3日より順次使用を開始している。

代表取締役社長の藤田晋氏は発表にあたり、「スマートフォンの普及により、クリエイティブの質が競争力になる時代になっている。クリエイティブに注力をする意思表明として、またベンチャー企業として常に前進する姿勢を見せるため、新しい挑戦を続けていく」とコメントしている。
同社では3月31日にもテレビ朝日との合弁会社設立を発表したが、今後は映像・音楽の分野で多くの新しいサービスを提供していく予定。


「サイバーエージェント」に関連する記事はこちら

Follow Us