オグルヴィのヤングCEO退任へ、オックスフォード大学長に

share

オグルヴィ・アンド・メイザー・ワールドワイドは17日、マイルズ・ヤング会長兼CEO(最高経営責任者)が2016年9月で退任すると発表した。後任は未定。ヤング氏は退任後、英オックスフォード大学ニュー・カレッジの学長に就く。ニュー・カレッジは同氏の母校。

「難しい決断だったが、英国の学究の場に身を置けるのはとても魅力的だった。オグルヴィやWPPには今後も力を貸していけることを楽しみにしている。後任者は時機を見て発表したい」とヤング氏はコメントを寄せた。学長就任後も、オグルヴィと親会社WPPに非常勤として籍を置くという。

ヤング氏はオグルヴィに32年間務めた。1995年にはオグルヴィ・アンド・メイザー・アジア・パシフィックの会長に就任。2009年にグローバルCEOに就き、12年から現職。61歳。


「オグルヴィ・アンド・メイザー」に関連する記事はこちら

Follow Us