ACC賞インタラクティブ部門、審査員によるビデオメッセージ公開

share

全日本シーエム放送連盟は23日、「2015 55th ACC CM FESTIVAL」のインタラクティブ部門のエントリー受付期間を7月7日まで延長することを発表した。それに伴い、同部門の審査員によるビデオメッセージを公開した。

テーマは、「インタラクティブ部門審査員が期待する作品像」。審査員長である博報堂 北風 勝氏のほか、電通 佐々木康晴氏、博報堂 須田和博氏、アサツー ディ・ケイ 高野文隆氏、PARTY 中村洋基氏、777 interactive 福田 敏也氏、Bascule 朴正義氏らがメッセージを寄せている。

本年度のACC賞は、名称を変更したフィルム部門がAカテゴリー(テレビCM、地域テレビCM)とBカテゴリー(Online Film ※Web上で公開された映像広告)の2カテゴリーに分かれた。インタラクティブ部門では、フィルム部門、ラジオCM部門、マーケティング・エフェクティブネス部門に該当しない、さまざまなインタラクティブ広告や取り組みを対象にしている。

博報堂 北風 勝氏

電通 佐々木康晴氏

博報堂 須田和博氏

アサツー ディ・ケイ 高野文隆氏

777 interactive 福田 敏也氏

Bascule 朴正義氏

PARTY 中村洋基氏


「全日本シーエム放送連盟」に関連する記事はこちら
「ACC賞」に関連する記事はこちら

Follow Us