コピーライター・谷山雅計氏による8年ぶりの著書が発売、「コピーに関する具体的な悩み」を解決

share

コピーライター志望者、若手コピーライターが本気で谷山雅計さんにぶつけた質問の中から、選りすぐりの回答を1冊の本にまとめた新刊『広告コピーってこう書くんだ!相談室』(谷山雅計 著)が宣伝会議から発売。10月4日より順次全国の有力書店に並ぶほか、オンラインブックストアでも販売する。

『広告コピーってこう書くんだ!相談室』
(谷山雅計 著)

本書は、8年前に発行されたコピー本のベストセラー『広告コピーってこう書くんだ!読本』で盛り込み切れなかったコピーの考え方のほか、コピーに関する具体的な悩みを解決する術をまとめている。また、当時は体系化できていなかった「将軍コピー(キャンペーンコピー)」の書き方、東京ガスのキャンペーンコピー「ガス・パッ・チョ」が生まれるまでの思考プロセスも収録している。

第1部では、コピーに関する悩みを解決すべく、一人前のコピーライターになるには、コピーの「選び方」、コピーライターの「向き、不向き」、プレゼンのコツ、コピー以外で勉強しておくといいこと、ネーミングの考え方、「伸びる人」と「伸びない人」のちがい、個性のあるコピーについて、「言葉の力の限界」について回答している。

谷山雅計 氏

さらに第2部では、前著で触れた「将軍コピー(キャンペーンコピー)」の具体的な書き方について体系的にまとめているほか、最後の袋とじには、東京ガスの「ガス・パッ・チョ!」というコピーが生まれるまでのノートを公開している。

広告に関連する職業の方はもちろん、クリエイティビティが必要な考える仕事に取り組むすべての方に役に立つコピー本の決定版。四六判、260ページ。価格は1800円(税別)。
詳細はこちら

Follow Us