五輪・新エンブレムで体制も新たに 担当局長とCDを出向解除

share

2020年東京五輪のエンブレム問題で、大会組織委員会で旧エンブレムの選考を担当していた槇英俊・マーケティング局長と、同委員会のクリエーティブ・ディレクターを務めた高崎卓馬氏が2日付で退任した。

両氏は電通から出向していた。旧エンブレム・プレゼン資料の写真無断使用に関して、槇氏は9月28日付で戒告処分となっていた。両氏との出向協定の解除について組織委は、「写真以外にも旧エンブレム周りの課題は多く、今後、新たなエンブレムを決める業務を進めることは難しいと判断した」と明かした。

新エンブレム選考を担当するマーケティング局長は、当面、布村幸彦副事務総長が兼務する。

Follow Us