カボチャのごみ袋でクリーンなハロウィンを

share

東京都は「東京ブランド推進キャンペーン」の取り組みの一つとして、「クリーンなハロウィン」を目指す「HALLOWEEN & TOKYO」を実施。都内各所で「カボチャのごみ袋」を配布し、ごみの持ち帰りを呼びかけた。

出発式の会場でも、カボチャのごみ袋のサンプリングが行われた。

この袋にごみをつめるほど、膨らんでカボチャのようになる。街をきれいにして、東京の魅力をさらに高めていこうという活動だ。10月31日には、東京タワー特設会場で「出発式」を行い、スペシャルサポーターのきゃりーぱみゅぱみゅが登壇。来場者に、ごみ袋が配られた。また11月1日、ハロウィン終了後の早朝には、渋谷など4カ所でごみ拾い活動を行なった。

「& TOKYO」は、東京のブランディング戦略で定めたコンセプト「伝統と革新が交差しながら、常に新しいスタイルを生み出すことで、多様な楽しさを約束する街。」から表現したもの。様々な人やモノ、コト、が出会い、つながることで新しい楽しさを作り出す街であるというメッセージが込められている。

ロゴやイベントなど、都市と市民との接点「コミュニケーション・ポイント」を事例から整理した書籍『シビックプライド2【国内編】』はこちら


「シビックプライド」に関連する記事はこちら

Follow Us