経験も人脈もゼロ。たった一人で立ち上げた会社が、10年で100社の仕事を獲得できた理由。──インディペンデントなクリエイティブ集団 AMD

share

起業資金は、バイトで稼いだ200万円

img_1


千布真也氏
AMD プロデューサー/代表取締役。写真は金沢市内にある尾山神社にて撮影。

大手広告会社、制作会社での仕事の経験はゼロ。経験もなければ人脈もない。半年間の日雇いバイトで稼いだ200万円に、友人たちに頭を下げて借りた200万円を加えた400万円を元手に起業。たった一人で始めた制作会社、AMD(旧・エーミライトデザイン)は10年目を迎え、社員数40名を誇る規模にまで成長を遂げた。

スタイラやパークコーポレ―ションなど、ビューティ案件を中心とした女性向け企業のブランディングを中心としたコミュニケーション設計と制作・クリエイティブを手掛ける同社を率いるのが、千布真也氏だ。

「10代後半は自分に何ができるのか、そして自分は何がやりたいのかがわからず、答を探して放浪していました。それがニューヨーク滞在中にアイデア、クリエイションで生計を立てている人たちと出会い、自分もこういう職を仕事にしていきたいと心を決めました」と千布氏。当時21歳。さっそく日本に帰国し、日雇いバイトで200万円を稼ぎ、さらに友人たちから200万円を借り、最初に始めたのは飲食店。千布氏はカフェバーを開業した。

bar

わずか10坪ほどのスペースで開業したカフェバー。この店の経営を通じて、商売の基本を知る経験となった。

カフェバーでは人が集まり、楽しんでもらうための数々のイベントを企画した。人が喜んでくれる姿を見るのも好きだったし、またどうしたら人が喜んでお金を払ってもらえるのかを知り、商売の基本も身に着けた。10坪ほどのカフェバーは約1年で軌道に乗り、そこでの経験を基に念願だったデザイン制作の仕事をスタートさせる。それがAMDだ。

ビューティ市場中心に仕事を拡大

大手広告会社や制作会社で仕事をした経験のない千布氏には、待っていても仕事は来ない。友人のクラブイベントのフライヤーを制作したり、最初の3年間はどんな小さな仕事も喜んで引き受けた。そんな自分、そしてAMDのこれまでを「雑草のような存在だけれど、だからこその強さと自信がある」と話す。

そんな同社の転機になったのが、ビューティ案件で強みを発揮するきっかけとなった「ジョン マスター オーガニック」のグラフィック制作の仕事だ。「オーガニックだけど、ラグジュアリー」というヴィジュアルコンセプトを表現するため、赤字になることを覚悟で屋久島での撮影を敢行。そのクリエイティブがクライアントから評価を受け、ビューティ市場を中心にAMDの名が認知されることとなった。

i_JMO_1
i_JMO_2
当時のオーガニックブランドの表現とは一線を画するクリエイティブがビューティ業界でも注目を集めることに。「オーガニックだけど、ラグジュアリー」というヴィジュアルコンセプトを表現した、このビジュアルはその後のオーガニックコスメ市場のクリエイティブの一つのスタイルとして定着している。

新しい地、金沢でゼロからのスタート

どこに一人で放り出されても、またアイデアとクリエイションでゼロから事業をつくっていける自信がある。そんな千布氏の想いが結実したのが、2014年の金沢支社設立だ。

「大手広告会社から下請けの仕事を引き受ければ、もっと成長のスピードは速かったかもしれませんが、それでも会社を設立して以降、毎年微増ながら売上を伸ばしてくることができた。僕は収益が増えた分、常に自分たちの新しい可能性を広げる挑戦に投資したい。金沢の支社単体で見れば、まだ黒字化できていませんが、今は投資の段階。東京も含めて全体で収益バランスがとれていればよいと考えて、挑戦を決めました」と話す。

金沢では地域に根ざしたブランディング活動、さらに映像プロジェクト「ROMANCE GOVERNMENT FILMS(RGF、ロマンス・ガバメント・フィルムズ)」もスタートさせた。「金沢は、とても“らしさ”を大事にする土地柄なので、クリエイターとしてブランディングに関わらせてもらっても、とても刺激がある。そして、地域全体がクリエイティブに対する理解が深いので、東京では実現できないような制作スタイルや表現にも挑戦できて、自分たちの可能性を試させてもらっている」と千布氏は語る。

次ページ 「商業のフィールドで培った知見を社会課題解決に」へ続く

Follow Us