コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

好みのタイプは「ロールキャベツ男子」?男性にキュンとなる瞬間を大告白!(ゲスト:武田玲奈さん)【後編】

share

【前回コラム】「『SMAP×SMAP』最終回で流れたアノCMの裏話を公開!(ゲスト:武田玲奈さん)【前編】」はこちら

ゲストは前回に引き続き、武田玲奈さん。男性の好みのタイプや今後の目標を聞いていたら、「ジェネレーションギャップ」が発覚して・・・?

今回の登場人物紹介

左から、武田玲奈、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)。

※本記事は1月7日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

5月公開の映画『ポエトリーエンジェル』ではボクシング部の女性を熱演

中村:武田玲奈さんは2013年にオーディションを受けてからトントン拍子ですね。2014年にモデルとして活動をスタートして、2015年には女優デビュー。今はCMにも出演していて、映画も目白押しなんですね。5月には映画『ラストコップ THE MOVIE』が公開されて。

澤本:これはドラマでやってましたよね?

武田:はい、ドラマもやってました。

権八:その演技をオブザイヤーこと澤本さんが大絶賛していて。

澤本:これじゃないよ。何人かでやってるオムニバスっぽいもので。

武田:どんなのでしたっけ?

澤本:監督が自分の好きな女優を選んで撮るというものでした。僕はまだ見てないんですよ。その宣材写真をいっぱいもらって、そのときにだいたい雑誌の表紙を持ってくるけど、この暗めのほうがいいんじゃないかという話をしてたんです。

武田:あ、『TOKYO CITY GIRL』じゃないですか?

澤本:そうそう。武田さんはグラビア、モデルという印象があるんだけど、それで撮られている写真がどちらかというと、地味めというか、暗めの写真が多くて。こっちのほうがいいと言ったんです。

武田:本当ですか?

権八:憂いを帯びたような表情がね。

澤本:そう、僕は暗い人が好きだからね。

中村:影があるほうがね。

権八:ご自身ではどうですか。暗いほう、明るいほう?

武田:私的に暗いほうにいっちゃってるんですけど、明るくしないとと思って(笑)。

澤本:暗いほうにいっちゃってるのはなぜ?

武田:最近、ファッションも黒い服が多くて。

中村:今日着てるのも黒い服ですしね。

武田:今日は私服なんです。

権八:全然暗くないけどね。

武田:暗いんですけど、明るい服をチョイスしました。

澤本:その悩みが服に出てるよね。ベースが黒だけど、明るくしなきゃというので、お花がいっぱい付いていて。

権八:刺繍の花柄のかわいいニットを着てらっしゃいますけど。ちなみに、それはどこの服ですか?

武田:これは「Supreme.La.La.」というブランドの洋服です。

権八:ちょっとわからない(笑)。

中村:映画がさらにもう1個、同じく5月に『ポエトリーエンジェル』という。何ですか、このポエトリーなエンジェルは? ホワーンとしてそうですけどね。

権八:題名が良さそうじゃないですか。

武田:じつは全然ホワーンとしてなくて、「詩のボクシング」ってわかりますか? あれを題材にした作品です。

権八:ラップバトルじゃないけど、詩の闘いだ。

武田:はい、詩を読んで。

権八:面白そうだね。それは原作があるんですか?

武田:ないです。監督のオリジナルで。

権八:『ポエトリーエンジェル』は主演だね。

中村:もう撮ってるんですか?

武田:撮り終えました。私の役はボクシング部の女の子なんですけど。

権八:詩のボクシングじゃなくて?

武田:普通のボクシングもやっていて。でも、ちょっとコミュニケーションが取れないという女の子なんですけど、それには深い理由があって。

澤本:ボクシング部のマネージャーなんですか?

武田:いえ、普通にボクシングをするほうです。

澤本:じゃあ、撮影でボクシングしたんですか?

武田:しました。2カ月、ボクシングジムに通って、その後に撮影しました。

権八:痩せちゃわない?

武田:いえ、ボクシングは意外と痩せないんですよ。引き締まる感じで。

権八:超細いよね。ウエスト30センチぐらいしかないよね?

武田:そんな細くないですよ。

澤本:それはハムだよね(笑)。

次ページ 「今後は「明るい役」をやってみたい」へ続く

Follow Us