コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

好みのタイプは「ロールキャベツ男子」?男性にキュンとなる瞬間を大告白!(ゲスト:武田玲奈さん)【後編】

share

今後は「明るい役」をやってみたい

権八:僕はわりとグラビアや雑誌、『nonno』もたまにチェックするんですけど、見てる印象よりもお会いして思ったのは、控え目というか。グラビアや写真だと目力がキリッとくるじゃないですか。お芝居はちゃんと見たことないんですが、スイッチ入る瞬間があるんですか? おっとりしてるというか、「私が、私が」という感じじゃないですよね。普段、友達といてもそんな感じ?

武田:そうですね。聞き役が多いかもしれないです。

権八:でも、お芝居やグラビアでシューティングに入ると、やっぱりスイッチが入る?

武田:そうですね。カメラを向けられると変わります。

権八:自分でも変わると思う? 明らかに変わってるよね。お芝居って感情表現じゃないですか。何から勉強、参考にするというか、こういう表情はこれみたいな感じでキッと決めたりするじゃない。やっぱり、マンガやアニメを参考にしてるの?

武田:映画もそうですけど、アニメはキャラクターがしっかりしてるじゃないですか。だから、そのキャラクターを考えたりします。

権八:何かのキャラを演じないときでも、どこかにそういうのがチラチラしたり。

武田:そうですね。こんな感じのキャラでこの子とこの子を合わせたらいいと。

権八:そういう印象を受けるんですよ。実写のドラマや映画で影響を受けたものはあります? これ大好きみたいの。

武田:『バーレスク』が好きです。

権八:『バーレスク』って洋画だよね。ミュージカルというか、キャバレー的なものだよね。大人っぽい映画で意外だな。

武田:意外でした?

権八:ちょっとオシャレというか。

武田:オシャレっぽいのも好きで、『プラダを着た悪魔』とか。

澤本:本当にオシャレなのが好きなんだね。

武田:好きです。でも、ちゃんと映画、映画したものも好きで。

権八:寅さん?

武田:え、寅さん?

中村:確かに寅さんは映画映画してますね(笑)。

武田:『愛のむきだし』とか。あの満島ひかりさんがすごい。

権八:満島ひかりちゃん。ちょっと顔の形が重なるね。目が2つあるところとか。

武田:それはみんな(笑)。

中村:雰囲気もちょっと。

権八:自分が目指しているというか、「いいな」と思うのは誰ですか?

武田:満島さん、新垣さん。

中村:ガッキーね。やっぱり家でダンス踊っちゃう?

武田:「恋ダンス」ですか。この前、カラオケで踊ってました。

中村:それはお宝映像の可能性がありますね。YouTubeにアップしておいたほうがいいですよ。

権八:イメージですけど、ガッキーも普段はわりとテンション低めというか。だから、ちょっと重なるかもしれない。

中村:そうかもしれないですね。カメラの前では陽の部分ばかり見せてくれるけど。

権八:でも、わりとマイペースじゃない。そんなに押し出しが強くないというか。

澤本:この先、やってみたい映画やドラマ、CMの役はありますか?

武田:陽な役、明るい役をやりたいです。

中村:わりと今までも陽な役が多かったと思いますが、そんなことないんだ?

武田:そうですね。ちょこちょこ暗い役もあったので、明るい役をやりたいですね。

澤本:たとえば、バンドやってボーカルなど、そういうこと?

次ページ 「新年早々、ジェネレーションギャップで苦悩?」へ続く

Follow Us