コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

今、勉強をともにできる仲間はまわりにいますか?

share

[寄稿者一覧はこちら]

【前回のコラム】「作詞家としての弱点は、コピーライターとしての弱点でもあった」はこちら

こんにちは!
作詞作曲家、シンガーの岡嶋かな多です。

突然ですが、ここで皆さんに質問です。
今現在、勉強をともにできる仲間は、まわりにいらしゃいますか?

…残念ながら、私にはいませんでした。
モチベーションの高い友人と仕事について語り合うことはありますが、一緒に机に向うことは無く。

今回、予想以上に大いなる気づきを与えてくれたのは、共に学ぶ、同級生の存在です。

熱い仲間と過ごす時間はプライスレス

生き方、将来の目標はそれぞれ。
コピーについて学ぼう!という気持ちは一緒。

そんな皆さんと課題や宣伝会議賞に取り組んだり、提出したコピーについて意見しあったりする過程が、授業同様、とても勉強になりました。

何より、共に作業をすることで、今回の連載でも良く議題に上がる「切り口」が自然と広がり、研がれていくのです。

私自身、歌詞を始めとした、文章のクリエイティブは、どうしても一人で制作してしまうことが多かったので、人と共に作業することで見える、今までにない切り口や、漠然としたところをクリアにして行ける作業は、本当に価値ある時間でした。

広がる可能性、新たなインプット

音楽業界でも、今はCo-Writingと言って、作曲家同士で制作を共にすることは増えてきました。ただ、作詞家同士で歌詞を共作する機会は、まだ日本では少ないように感じます。

実現はしていませんが、この講座を通じて知り合った方と一緒に作詞をする日も来るかもしれません。

いやいや、来るかも…ではなく、本当にやってみようと思います。面白い構想をお持ちのかた、是非お声がけください!(笑)

将来へ繋がっていくであろう出逢い

もう一つの嬉しい驚きは、来ている方の意識の高さと幅広さ。

皆さん発想が豊かで、行動力と発信力が抜群。この仲間でいつかプロジェクトやお仕事ができたら面白そうだし、きっと日本を引っ張って行くかたばかりだと思うので、それぞれの活躍が本当に楽しみです。
私も頑張ります!

つづく

岡嶋かな多/ Kanata Okajima
ボーカリスト、作詞作曲家、ボーカルプロデューサー

嵐、安室奈美恵、EXILE ATUSHI、E-girls、三浦大知、少女時代、和田アキ子を始め、通算300曲以上の作品の制作に参加、提供。オリコン1位の獲得は、20回を越える。2013年秋より、スウェーデンにある大手音楽事務所「Roasting House」と契約し、活動拠点をヨーロッパへ。よりグローバルに活動を始める。幼少時、アメリカで過ごした経験を活かした英語翻訳、ディレクション、ナレーション、ラップ、ラジオパーソナリティにも定評有り。マルチに活躍する、次世代ミュージッククリエイター。

 
 

cac-j

「コピーライター養成講座」
講師は一流のコピーライターが直接指導 プロを育てる実践型カリキュラム
いまでも多くの有名クリエイターを輩出している本講座。幾度かの改変を経て、内容を一新。コピーやCMといった、広告クリエイティブだけでなく、インタラクティブ領域のコミュニケーション、マーケティングやメディアクリエイティブなど、さまざまな視点からコミュニケーションを構築する能力を養い、次世代のクリエイターを育てます。
詳細はこちら

Follow Us