コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

過激なことをしても売れたいと、覚悟を決めて入った(ゲスト:BiSH)【前編】

share

作詞をメンバーが自らする理由とは?

亀山:アイドルやお笑い、テレビなどが大好きなエンタメ野郎こと、亀山と申します。ここにいる方々が華やかすぎて、有名な方なので、僕なんかが出ていいのかなと本当に思うんですけど、この時間を贅沢にたっぷりと使わせていただいて、今日は満足した(ゴングが鳴る)・・・夜にできればと思います。

権八:何もわからなかったよ(笑)。要はただのエンタメ好きの人ね。

中村:要するに、「ただのファン」ということです。

亀山:そうです。一番炎上リスクを抱えてる人間です。

中村:ただのファンがラジオ収録に混ざってます。

亀山:そうですね。叩かないでください。本当にすみません。

中村:ファン代表の亀山さん、BiSHの魅力は一言でいうとどのようなことなんですか?

亀山:ライブだと思います。宗教チックな感じというか、宗教の集会を見てる感じがあるんですよ。権八さんをお台場のZeppにお連れしたときも、サビでみんなが手を振りだすときに権八さんは写メ撮ってましたよね。

権八:バッシャバッシャ撮りました。Bishは撮影自由なんですよねー。

亀山:ライブを見るだけじゃなく、ファンがやりやすい振りがいっぱいあって、参加する喜びがしっかりとあると思います。バンドで歌もうまいし。

澤本:緊張してる?

亀山:してますよ! 緊張以外、何もしてないですよ。ライブを見に行っていただいて、そこでちゃんと知っていただきたいと本当に思っていて。澤本さんにいつもお声掛けさせてもらってるという。

澤本:他のアイドルと決定的に違うのはどこ?

亀山:楽曲が本当に好きです。ノリもいいし、メロディも落ちてくるし、歌詞もメンバーの方が書かれるんですよ。しっかり自分の言葉で伝えてくるメッセージ性もあります。歌詞を自分達で書いてるグループはそんなにいないんじゃないかと思います。

澤本:渡辺さん、そうなんですか?

ジュンジュン:恐らくほとんどの方は書いてなくて、プロが書いてることが多いですね。彼女たちは良い歌詞を書くし、歌詞を書かせることで自分達が入り込みやすいと思っています。アイドルは楽曲をつくってもらって、用意されたステージに立つ子達なので、なかなか自分達のものだと思いづらいんですよ。その中に1個でも自分のオリジナルがあって、「これは私の曲なんだ」と思ってもらったほうが、お客さんに伝わるかなと。でも、使われない子もいて、この2人は結構使われないですね。

一同:(笑)

澤本:歌詞を書くときはメンバーを指名するんですか?

ジュンジュン:メンバー全員に一斉に書かせます。テーマを決めるときも決めないときもあるんですけど、その中からよかったものを僕がピックアップして。2人はあまり書かないもんね。書いてくる子は1曲に対して、3、4個書いてくるんですけど、この間も3曲渡して1曲だけ、しかも「これは決まった」と言ったのを書いてきて。何を考えてるんだろうなと。

チッチ:全然浮かんでこないときがあるんですよ。暑苦しい歌詞ばかり浮かんできて。

ジュンジュン:言い訳だよ、それ。

チッチ:あ、すみません。

一同:(笑)

次ページ 「BiSHは恋愛公認?自己責任?アイドル恋愛事情」へ続く

Follow Us