コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

過激なことをしても売れたいと、覚悟を決めて入った(ゲスト:BiSH)【前編】

share

プロデューサーの夢は「六本木ヒルズに住むこと」

アイナ:アイナの雄叫びでこの世も終わり、せーの、おぉ~、ポンポン。BiSHのおくりびと担当、アイナ・ジ・エンドです。ファンの人のおくりびと担当として、首を絞めたりしてます。あとハスキーボイスです。よろしくお願いします。

権八:素晴らしい。その前に「おくりびと担当」って何ですか(笑)?

中村:疑問点は多々ありますが、それを1個1個聞いていると30分が終わってしまう可能性があるので1回進めましょう! 次はセントチヒロ・チッチさん、どうぞ!

チッチ:BiSHの見た目は真面目、中身は悪女。これでも彼氏は2人まで担当、セントチヒロ・チッチです。私はもともとテレビが大好きで、業界を目指してたこともあるくらいだったんですけど、今はBiSHのセントチヒロ・チッチとして歌って踊ってます。よろしくお願いします。

澤本:おっ、完璧な秒数計算。練習しました?

チッチ:してないです(笑)。

ジュンジュン:最後が俺とは緊張マックスですね。メンバーに「ちゃんとやれよ」と言う側なんですけど、毎回出るたびに俺が一番きちっとしてないというヤバイやつなんですけど。

権八:やる前に言わないで(笑)。やってから反省しましょう。

中村:ではトリのジュンジュンさん、どうぞ!

ジュンジュン:悪いこと、スケベなことが大好きな音楽業界のならず者、渡辺淳之介です。(10秒)・・・やばいな、これ。将来の夢は六本木ヒルズに住むことで、インディーズ界の星になろうと思ってます。よろしくお願いします。

権八:夢、小さくない(笑)?

澤本:それ本当の夢ですか?

ジュンジュン:僕が本当に六本木ヒルズ住んだらダメな人達の星になれるなと思って。とりあえずそこをまずは目指してます。

中村:ジュンジュンさんはオチを狙いにいきましたが業界ではすごい人なんですよね。そもそもBiSHの前にBiSのプロデュースをして、BiSHでも革命的なことをガンガンやってるという。

権八:BiSのときにアイドル全裸のPVを撮ったり、炎上するようなことをしてましたよね。なかなか過激なアイドルでしたよ。

ジュンジュン:そうですね。BiSはお客さんが5人だけの状態からはじめたので、とにかくネットで騒がれるようなことをやらないと、誰も振り向いてくれないなと思って。だから、無関心でいられるよりは嫌われてでも知られたいという気持ちが先行して、いたいけなアイドルが森を全裸で走るPVを撮ったり、ハメ撮りをしてるように見えるPVを撮ってみたり。普通の人達がやらないようなことを率先してやってきたのが僕の今までの活動です。BiSHになってからは反省して、怒られないギリギリを毎回攻めたいと思ってやってます。

中村:それを聞いて、横のお二人はどう思うんですか?

チッチ:これが渡辺淳之介だと思って、覚悟を持ってBiSHに入ってきたので何をされても。

ジュンジュン:「乳首出せる」って言ってたもんね。

チッチ:アイナ:はい。

一同:(笑)

アイナ:結構本気で何でもやらなきゃ付いていけないと思ったので。

中村:乳首まで出したら、残すはあと1個ぐらいしかないですよ(笑)。

権八:そこまでしてもついていきたいと思ったのは、なぜなんですか?

次ページ 「売れなかった頃、チラシをもらってくれなかった人達を見返したい」へ続く

Follow Us