ついに主役に躍り出た「スマートシティ」 — 世界最大規模のテクノロジー祭典「CES2018」現地レポート①

share

「CES(コンシューマー・エレクトロニクスショー)2018」が9日、米国・ラスベガスで始まりました。

CESは4000を超える出展企業、150カ国以上の国から18万人以上の参加を見込む、世界最大規模のテクノロジーの祭典です。家電ショーという位置づけからテクノロジーのイベントへと変貌したCESでは、スマート家電に始まり、モバイル、自動車、ロボティクス、IoT、AI、AR/VRなど、今後のビジネス環境に大きく影響を与えるテクノロジーや先端的の取り組みに触れることができます。

このイベントで紹介されるテクノロジーは、消費者のライフスタイルを大きく変化させる可能性があり、マーケターにとっての重要な示唆が多く発信されています。今年(昨年一昨年)も電通の森直樹氏が現地から、マーケティング・コミュニケーションの視点で最新情報をお届けします。

IoTはAIとの本格的な連携を模索。そして、スマートシティへ。

年の初めのテクノロジーの祭典、CESが今年もやってまいりました。現地レポート第1弾では、プレスデイでの各企業の発信、IntelとFordによる基調講演、CESから見える今年のテクノロジートレンドについて触れたいと思います。

プレスデイでは、「CES Tech Trends」という今回、注目するべきテクノロジーを紹介する親切なコーナーがあります。そこでは、注目するべき技術として「5G」「AI」「ロボティクス」、そして新興技術として「スマートシティ」「スポーツイノベーション」「デジタルセラピィ」が取り上げられていました。また、CTA (全米民生技術協会)President and CEOのGary Shapiro氏による基調講演では、これらに加えて自動車、ドローン、AR/VR、小売業界のハイテク化をトピックとして紹介していました。

Gary Shapiro氏による基調講演。

秒読み段階となった「5G」の導入

今年の注目技術の柱のひとつに、「5G」があげられます。「5G」は、通信速度の高速化や接続タイムラグがほとんどないこと、セキュリティの高さなどの特徴を持ちます。映像視聴体験の変化、AR/VRの発展など、メディア環境に大きく変革をもたらす可能性があり、マーケターも注目しておくべき技術です。CESでは、家電、自動車、通信、その他のテクノロジー業界で、その可能性が言及されていました。モバイル向け半導体最大手のQualcomm社は、5Gネットワークを2018年後半から展開し、2019年にスマートフォンへ導入すると発表しています。

Qualcommは、プレスカンファレンスで5Gの計画について語っていた。

もはや家電よりも主役?自動車業界はどこへ向かうのか?

いつのまにか、自動車業界のイノベーション発信の場としても定着してしいるCES。今年も、自動車業界からの情報発信が目立ちます。今のところ、筆者が最も関心を寄せているのは、プレスデイでトヨタ自動車が発表した「e-Palette」という新しいモビリティの姿です。自動運転によって制御された箱型のEV(電気自動車)が、用途によって自在に変化し、小売店や流通、ワークスペースやホテルなど様々な形態に変化します。多くの業界にインパクトを与えるだけでなく、モビリティ主導でスマートシティの可能性を示したと、私は考えています。記者発表会では、すでにAmazonやピザハットと初期パートナーシップが締結され、2020年に実証実験を行うと発表されていました。

また、CESには欧米の大手自動車サプライヤー各社も参加しています。筆者も欧州の大手サプライヤーであるBOSCHとContinentalのイベントに赴きました。自動車サプライヤー各社は、自動運転やコネクテッド・カーによる新しいモビリティの体験からスマートシティへの取り組みについて情報を発信。CESでの自動車サプライヤーの存在感が高まっているように感じています。

トヨタ自動車による「e・Palette」の紹介。

欧州自動車サプライヤーのBOSCHは、スマートシティへの取り組みについて発信。

次ページ 「スマートシティの可能性へ舵を切る」へ続く

Follow Us