福岡で発表会開催。地域の中堅企業でも進む、顧客対応でのAI活用

share

福岡を中心に、LPガスの供給、リノベーションや不動産管理などを行う明治産業は1月24日、記者会見を開催。同社のカスタマーセンターにAI(人工知能)を活用した自動応答サービス「AIコンシェルジュ」を2月1日から導入すると発表した。

写真左から明治産業・代表取締役社長の明永喜年氏、U-NEXTマーケティング・代表取締役社長の溝辺和広氏。

明治産業はガスの開栓依頼などの対応をコールセンターで受けているが、今回の導入を機に自動応答サービスに切り替える。

引越しが多くなる3月は、通常期の約3倍にあたる約5000件のガスの新規問合せがあるため通常、オペレータを4名ほど増員してきた。今年はテストを兼ね3名に減員、来年以降は増員をせず、リソースを別の業務に回しCSの向上を図る予定。

今回のサービスは、U-NEXTマーケティングと協業で開発した。U-NEXT社の溝辺和広社長によると首都圏以外での同社のAIサービスの利用は初。溝辺社長の出身地である福岡への貢献を果たしたいという想いと、明治産業の明永喜年社長の「時代の変化に対応し、常に新しいことに取り組みたい」という考えが一致したことで実現した。

「音声認識技術を活用した、安価なサービスとして技術活用をしているため、地方にある中堅企業に導入を進めたい。少しでもハードルを下げるための第一歩としたい」(溝辺社長)。

導入する明治産業にとっても、「日中のみの対応であった電話対応を24時間化させられるなど、コスト削減以上にメリットがありそうだ」と明永社長も働き方改革とCSの向上を進めたい考え。

司会進行にもロボットを登場させるなど、新しいことへのチャレンジ精神を体現した記者会見となった。

Follow Us