コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

「クリ約」に対抗して、「クリ和田」を定番企画に!?(ゲスト:和田唱)【前編】

share

【前回コラム】「「闘う哲学者」から受験生に贈るメッセージとは?(ゲスト:村田諒太)【後編】」はこちら

今回のゲストはトライセラトップスのボーカル、ギターの和田唱さん。「すぐおわ」のクリスマススペシャルである今回は、和田さんがマイケルジャクソンやビートルズなどのカバーを披露!

今回の登場人物紹介

左から、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、和田唱、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)。

※本記事は12月14日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

「すぐおわ」のクリスマススペシャルやります

中村:年末ですね。

権八:年末でクリスマス直前。だからって何もないんですけどね(笑)。

中村:はい、クリスマスが近いということで、早速ゲストをお迎えしちゃおうかと思ってるんです。

権八:今日はスペシャルナイトですね。

中村:ギターがもう既に2本ありますからね。

澤本:なぜだろう。

権八:さっきからミュージシャンってかっこいいなって。

澤本:ね。同じ空間にいながら僕なんでこんなにかっこ悪いんだろうって(笑)。

権八:そんなことない。澤本さんがパイプ椅子の上に靴脱いであぐらかいて、家みたいにリラックスしすぎてることは、決して言わないでおくので大丈夫ですよ。

澤本:言わないでください。

中村:なんで若い頃にミュージシャンにいこうっていう選択肢を選ばなかったのか。

権八:歌で会話する感じがさっきからしびれてて。でも、リスナーからすると早く紹介しろって。

中村:紹介いたしましょう。今夜のゲストはトライセラトップスのボーカル、ギターの和田唱さんです!

和田:どうも!僕は正式ゲストという意味でいうと2回目で、さらに正確に言うと2.5回目ですね。こんなにたくさん呼んでいただいてありがとうございます。

権八:前回は矢追純一さんのUFOのときに乱入したという(笑)。

和田:見学しに来ていて。UFOの話聞きたいって、澤本さんに誘っていただいて。最後にちょこっとだけね。

権八:あのとき、本当にUFO沙汰になりましたからね。

和田:いやー、あれは面白かったなぁ。

権八:見学してたはずの和田さんが、ブースの中に入ってきて。

和田:抑えられなくて(笑)。もういいやと思って、携帯で動画モードにして。

澤本:だって矢追さんが、あ、来た!と言って。

中村:このスタジオから見える皇居のあたりにUFOが飛来してるんじゃないかという、バイラルムービーをユーチューブにアップしてますからね。

権八:すごかったですね、あのUFOは。

中村:言い続けるとすごいコンテンツになるんだなというか、本当にありそうでずっと見ちゃうんですよね。

権八:しかもあのとき和田さん、乱入してきたのに矢追さん気付いてなかったですよね。

澤本:気づいてなかった(笑)。

権八:ブースに入ってひとしきり騒いで出て行ったけど、矢追さん気づいてないから。

和田:スタッフだと思ったんじゃないかな、たぶん。

権八:あれは面白かったなぁ。

中村:和田さんは2.5回目の登場ではありますが、毎回ゲストの方にお願いしている20秒自己紹介を今回もお願いできればと思います。

和田:そういえばそんなのありましたね(笑)。

権八:自己紹介は素でしゃべるか、歌うか・・・いや歌わないか(笑)。無茶ぶりしたりして。

和田:ミュージカルみたいにね(笑)。私は~♪って。

権八:ノリが良すぎてもうすみません。よきに計らってください。

中村:では、いきましょう。どうぞ!

和田:私は~、和田昌~、1975年生まれで、ついこの間42歳になりました~、好きなことはものすご~く集中力を発揮するけれども~、大嫌いなことは一切興味ない~♪

一同:(笑)

澤本:本当に歌ってくれた。ありがとうございます。

中村:めちゃくちゃノリいいんですね、和田さんって。

澤本:和田さんは面白いよ。

和田:好きなことに関しては集中力がかなり人一倍熱中するんですけど、あまり興味ないことは人一倍スルーになっちゃうんですよね。聞いてられないという。これが悩みですね。

澤本:でも、お母さんもそういう感じで捉えられてますよね。

和田:遺伝(笑)。そこは完全に通じ合いましたね。

権八:お母様は有名な料理研究家の平野レミ様ですぞ。お父様も有名な。

澤本:僕の大好きなイラストレーターの和田誠先生なので。天才家系だね。

和田:いやいやありがとうございます。

権八:そんな育ちでこんな和田さんができあがりましたと。

和田:ミュージカル俳優になりましたけども。

権八:なったんかい(笑)。

次ページ 「マイケルジャクソンの弾き語りを披露」へ続く

Follow Us