C Channelがオーディションアプリ開始 FM東京、集英社など7社参画

share

女性向け動画メディアを運営するC Channelは4月25日、都内で記者発表を開き、同日から新会社mystaを立ち上げ、未来のスターを応援するオーディションアプリ「mysta」のサービスを開始したと発表した。

(左から)エフエム東京 吉田乾朗常務取締役、産経デジタル 鳥居洋介代表取締役社長、集英社 田中恵取締役、松竹 大角正常務取締役映像本部長、C Channel 森川亮代表取締役社長、ソフトバンク 榛葉淳代表取締役 副社長執行役員 兼 COO、東京放送ホールディングス(TBS)仲尾雅至取締役、ポニーキャニオン 吉村隆代表取締役社長。

本サービスにはC Channelとともにエフエム東京、産経デジタル、集英社、松竹、ソフトバンク、TBS、ポニーキャニオンの7社がパートナー企業として参加している。

「mysta」は、アイドルやボーカル、お笑い芸人などのタレントが投稿する動画を楽しむアプリ。タレントは動画の視聴回数やユーザーからのコメント数などによってランキング化され、上位になるとパートナー企業が持つメディアに露出することができる。

具体的にはエフエム東京と7月から声優のオーディション番組を開始するほか、集英社『Seventeen』との動画企画やソフトバンクとの若年層をターゲットにした共同プロモーション企画を予定している。

C Channel代表取締役社長の森川亮氏は、「将来的にはタレントだけでなく一般の方でも動画配信ができるようにしたい。『mysta』がネットから新たなスターを生み出すプラットフォームになれば」と話した。

Follow Us