コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

澤本さん企画のCMに出演したことが、大きな転機になった(ゲスト:満島真之介)【前編】

share

【前回コラム】「映画『ちはやふる』に出て、CMで演じる時の意識が変わった(ゲスト:松岡茉優)【後編】」はこちら

今回のゲストは、権八さんが企画に参加する「新しい地図」の映画『クソ野郎と美しき世界』に出演する、最近話題の俳優・満島真之介さん。澤本さんとは以前にCMで仕事をしたことがあり、それが大きな転機になっているというが…?

今回の登場人物紹介

左から、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、満島真之介。

※本記事は3月22日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

澤本さんのボツCMの話

中村:さっき澤本さんに聞いたら、最近傷ついたことがあったと。

澤本:そう、久しぶりにボツCMをつくったんですよ。

権八:あ、それ聞いた!

中村:どのへんでボツになったんですか?

澤本:完成してから。企画して、撮影して、編集して、完全なものつくって、「できました」と言ったら「ボツです」と。

中村:えー!?

権八:オブザイヤーがサラッとおっしゃってますが、リスナーの方、これは結構ショックなわけですよ。ものすごい労力をかけてつくって、流せないと。

中村:CMってそんなことがあるんですね。

澤本:結構あるよね。

権八:たまにありますね~。

澤本:でも、しばらくぶりにボツになったので、勉強になりました。何かしらもうちょっと気配りをしなければいけなかったんじゃないかってね。ボツになった直後にテキサスでやってるSXSWに行って。

中村:音楽とイノベーションの祭典のようなイベントですね。

澤本:それにまた視察という名前で行って。会場の近くで、馬や牛にカウボーイが乗りこなすロデオをやってたのね。

権八:え、本物の?

澤本:そう、生ロデオ。テキサスだからロデオ大会をやってるわけ。

権八:昔、恵比寿のZESTであった機械式のじゃなくて。

澤本:そういう適当なのじゃない(笑)。それ見に行って、ものすごい暴れ牛にカウボーイが乗って、10秒ぐらい耐えてるわけですよ。それから耐えきれずに下に叩きつけられて、牛に頭で突かれてるわけ。それを見て、「あ、僕この人よりはマシな人生を歩んでるな」と思ったの。

一同:(笑)

澤本:その人が悪いというわけじゃなくて、つまり僕は死にゃしないと。

権八:命の危険と隣り合わせでね。

澤本:そう。それを見て、もうちょいしばらく頑張ろうと思って、ポジティブな気持ちで帰ってきました。

権八:よかったですね。澤本さんが相当ショックを受けてるって噂を聞いていたので。

澤本:昔はボツになることもっとあったよね。

権八:ありましたね。今思うと。

中村:僕はNHK Eテレで『バビブベボディ』という、子ども向けの人体の番組をつくってまして。

澤本:何曜日放送というのは決まってるの?

『クソ野郎と美しき世界』に出演する満島さん

中村:いえ、とりあえず1回目だけパイロット版を放送して、パイロット版が良いとなれば半年後ぐらいに10回ほど続けられるという。

権八:見どころは? バビブベボディ、馬場ふみかちゃんみたいな。違うか、強引に挟んだけど(笑)。

中村:見どころは、きゃりーぱみゅぱみゅの体が透けて内臓が見えたり。

権八:それ子供向け番組なんだよね、一応ね。

中村:そうですね。あとは番組にもゲストで来てもらった、いきものがかりの水野良樹さんにキャッチーな歌をつくってくれと言って、歌だけつくってもらって、絵はぐちゃぐちゃにしたり。

権八:大人が見ても面白そうだね。

中村:そういう風につくってるつもりです。再放送があったらぜひ。権八さんはマスコミ志望者の学生に向けたイベントで話したんですよね。

権八:マスコミ志望者向けのイベントで、学生300人、400人の前で、こういうお仕事ですよとお話して。月刊「創」には、僕と澤本さん、佐々木宏さんのインタビューが載っているので、気が向いたら。今回、僕に関していうと、新しい地図、72時間ホンネテレビ、クソ野郎と美しき世界のこともちらっと話してます。ゲストの方がお待ちかね。すみません!

中村:はい、今回も豪華なゲストの方をお迎えしております。今夜のゲストは俳優の満島真之介さんです!

満島:よろしくお願いします!

権八:映画『クソ野郎と美しき世界』の現場でご一緒してすごいよくしゃべられるし、熱いし。

満島:そう、おしゃべり大好きなもので、誰とでも常に、スタッフも役者もエキストラの方も、なんだっていいんです。全員それぞれに人生のドラマがありますから、聞きたいことがいっぱいあるんですよね。

澤本:エキストラの方に聞いてるんですか?

満島:聞いてますよ。なぜここに来たのかなど、全て含めて。エキストラ会社に入ってる方もいれば、そこの映画に出ている俳優のファンもいれば、たまたま友達が行くからついて来たらこんな衣裳を着せられたなど、結構面白いんですよ。熱量が全然違うんですけど、画に映ると、やる気なく来た人のほうがいい感じでやれていたりするときもあって。

澤本:不思議だね。

権八:そういうのが全部芸の肥やしになっているという感じがしますよね。

中村:満島さんは権八さんのご紹介です。この後、がっつり話を聞きたいんですけど、もともとの面識は?

権八:僕は初めてでした。

中村:こんなにしゃべる人だとは。

権八:衣装合わせかな。ギークピクチャーズで僕は別件でどうしても出席できなかったんだけど、ギークの別の部屋で打ち合わせをしていて、前を通ったら、いたんですよ。道に。

満島:いました、道に。

権八:「あー会いたかったです」と僕が言ったら、満島くんも言ってくれて。よろしくお願いします!と。

満島:そこで出会っちゃったんですよね。

権八:熱いものを感じて、これはいい予感がするなと思ってたんですよ。実際に現場に入ってからも、今回の映画は本当に時間がないから、現場にマスコミ呼んだりしてPRしてたんですけど、まだ完成もしてないのに記者会見したりして。

満島:あれはなかなか痺れましたよ。

次ページ 「澤本さんのCMに出演したことが、声の仕事の大きなきっかけになった」へ続く

Follow Us