「土木広報大賞」東京都下水道局の若者向けPRに最優秀賞

share

土木学会は7日、「土木広報大賞2019」の各賞を決定したと発表した。優れた土木に関する広報活動や作品を顕彰する賞で、今回が2回目。全国から122件の応募があり、選考委員会(委員長:田中里沙 事業構想大学院大学学長)による選考を経て、最優秀賞1件、優秀部門賞6件、準優秀部門賞10件の合計17件を選出した。 各賞の表彰式は、2019年11月18日に土木学会で実施する。

最優秀賞は、東京都下水道局の「東京地下ラボ(若者向け東京下水道発信事業)」。2018年度は学生が編集スキルや下水道に関する知識をワークショップやフィールドワークを通して学び、グループごとに雑誌を制作して発表する、というプロジェクトを実施した。

今年度は「下水道の魅力を、クリエイティブの力で若者が再発見」をテーマとし、クリエイターからアドバイスを受けながらチームごとに30秒の動画を制作するプロジェクトを進めている。

2019年8月に実施したフィールドワーク。下水道施設を見学したほか、処理水が流れる隅田川と東京湾に生息する生き物を船上や公園で観察。

その他の受賞は以下のとおり。

【優秀部門賞】

・イベント部門
春吉橋「賑わい空間」の試行イベント
国土交通省 九州地方整備局 福岡国道事務所/福岡県

・映像・Webメディア部門
首都圏外郭放水路のインフラガイド多言語音声アプリ及び 洪水疑似体験ARアプリ
国土交通省 関東地方整備局 江戸川河川事務所/千葉県

・アイテム部門
土木偉人かるた
土木学会編集委員会・土木広報センター土木リテラシー促進グループ/東京都

・教育・教材部門
土木教育を通した小中高生向け広報活動
日本大学工学部 土木工学科 コンクリート工学研究室/福島県

・商業広告部門
「大阪国際女子マラソン」協賛を契機とした広報展開
奥村組/大阪府

・企画部門
「ヒロノジンと学ぼう。」岩手県立種市高等学校海洋開発科:南部もぐり育成PRポスター
岩手県立種市高等学校/岩手県

このほか準優秀部門賞として10件が選ばれている。

Follow Us