LINEとjekiが共同 電⾞内広告とLINEの連携に関する実証実験を開始

share

LINEとジェイアール東⽇本企画(jeki)は共同で、LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」および「LINE」関連サービスを対象とした運⽤型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、「LINE」と電⾞内広告の連携に関する実証実験を開始すると発表した。実証実験は2019年11月~2020年3月、JR山手線(E235系)に乗車したLINEユーザーを対象に実施する予定。

具体的にはJR⼭⼿線の⾞両内に設置した「LINE Beacon」を活⽤し、中づり広告やまど上チャンネルなどに表⽰される動画広告と、乗客の「LINE」とを連携する施策を実施。「LINE Beacon」を利⽤中の乗客の「LINE」上に表⽰される「LINE Beacon」のバナー通知から、近くにある⾞内広告に関連したキャンペーン情報やクーポンを配信することが可能になる。

また、「LINE リサーチ」の調査メニューを組み合わせることで各施策の効果測定を行い、以降のマーケティングに役⽴てることもできるという。2020年1⽉以降は、LINE公式アカウントの友だち追加や、商品購⼊・来店予約などの促進も進める予定だ。

両社では、電⾞内広告を閲覧した後の⾏動として、スマートフォンを使って気になった広告に関する情報を調べたという人が多くいることから、電⾞内広告とスマートフォンの親和性の⾼さに注目。しかし、現時点では電車内広告を閲覧した後、詳細な情報にアクセスするためには、乗客⾃⾝が検索エンジンなどを通じて情報を探さなければならない。このユーザー側のストレスを取り除くことで、より広告の効果を高めることができるのではないかとの仮説を検証するため、実証実験が行われる。

今回の実証実験を通じ、リアルタイムかつシームレスに情報を受け取ることが可能な電⾞内における新たなユーザー体験の実現を⽬指していきたいとしている。

■実証実験の実施イメージ

Follow Us