伝えたいのは「家族みんなで使える」こと。「オリゴ」ラインが叶える“やさしい”スキンケア/BOVA2020(ナチュラルサイエンス)

share

ブレーンが主催するオンライン動画のコンテスト「BOVA2020」では、1月23日まで作品を募集している。プロ・アマ問わず、協賛企業が出題した課題への自主制作作品を対象とする「一般公募部門」では、10月16日、23日、30日の3日間、協賛企業からのオリエンテーションを実施した。ここでは、そのダイジェストを紹介します。今回は、ナチュラルサイエンスからの課題「ママ&キッズの敏感乾燥肌用化粧品シリーズ『oligo』のキレイがつくるみんなの笑顔!動画」についてです。

 

新生児から、敏感乾燥肌の大人までやさしく使える製品ラインナップ

弊社は敏感肌スキンケアメーカーとして1996年に創業しました。代表の小松令以子とその子どもがアトピーだったこともあり、自ら化粧品をつくろうと考えたのが創業のきっかけです。

現在では低刺激スキンケアブランド「ママ&キッズ」の妊婦さん用ケア商品や、赤ちゃん用スキンケア商品が雑誌『たまごクラブ』『ひよこクラブ』『ゼクシィBaby』などで毎年No.1に輝くなど、高い評価をいただくまでになりました。

今回ご紹介する「オリゴ」ラインも「ママ&キッズ」の商品シリーズのひとつ。敏感肌や荒れた肌、アトピー肌のためにオリゴ糖成分を配合して開発されました。この度、23年ぶりに初めてリニューアルし、パッケージも大きく変更しました。そこで「オリゴのキレイがつくる、みんなの笑顔」をテーマにした動画を募集したいと思います。

「オリゴ」ラインの働きは、肌本来の力を高め、すこやかな肌へと導くこと。肌を整える「フローラ」と、乾燥や刺激をブロックして肌を保護する「バリア」、潤いを保つ「モイスト」、最後に肌あれを防ぐ「キュア」。これら4つの特徴を備えた独自成分「エクストラオリゴキュア」を開発し、配合しています。また、低刺激にこだわっており、新生児から敏感乾燥肌の大人までやさしく使えるのが特徴です。

以下、商品ラインナップのご紹介をします。

①オリゴミルク(乳液):女性の肌だけではなく、乾燥が激しい子どもの全身ケアや男性のひげそり跡のケア、年配の方のボディケアにも使えます。肌の水分を逃さず、モチモチした肌触りに。

②オリゴモイスチャーローション:カプセル化セラミドを高配合することで、乾燥肌にもなじみ、浸透を促進。長時間乾かないのが特徴です。

③オリゴモイスチャークリーム:ミルクよりも油分が多いのでモチモチ感大。乾燥が気になる方はメイン使いも出来ます。かゆみや炎症を抑え、保湿力は従来品の2倍に。

④オリゴクレンジングミルク、オリゴムースホイップ:洗浄系アイテム。高保湿成分たっぷりで、洗顔後のお肌の潤いをアップします。

普段の何気ないスキンケアが家族の幸せにつながる

弊社の課題は、「妊婦さんや赤ちゃんのためのメーカー」としてのみ認知されがちな点です。実際にはエイジングケア商品や家族みんなで使えるラインナップを揃えています。

そのため「オリゴ」が「家族みんなで使える」スキンケア商品であることが伝わる動画をお願いします。家族でのいろんなシーンを取り上げたり、普段の何気ないスキンケアが家族の毎日の幸せにつながっていることが伝わるものが理想です。

弊社は保湿を推奨しているブランドのため、撮影時はオリゴミルクとローション(しっとりタイプ)をメインで、クリームをサブにしていただけますようお願いします。また、表現上スキンケアから逸脱したものは避けてほしいのと、薬機法にご配慮いただけますようにお願いします。

BOVA2020一般公募部門の詳細・ご応募はこちらから

Follow Us