P&Gが北海道で「プラごみペイ」のトライアルをスタート

share

P&Gは5月28日、日本環境設計とともにプラごみを投函するとLINEポイントがもらえる「プラごみペイ」を、北海道のサツドラ(サツドラホールディングス)174店でトライアル運用すると発表した。期間は6月1日から8月2日まで。

「プラごみペイ」は、LINE公式アカウント「P&GプラごみPAY」を友だちに追加したうえで、店舗の回収ボックスにプラごみを投函すると、LINEポイントが5ポイント付与される仕組み。生活者一人ひとりの「地球への敬意を払いたい」という気持ちを後押しする。

P&Gが2030年までの重要戦略のひとつとして掲げている「環境サステナビリティ対策」の一環として企画。生活者が、忙しい日常の中でも気軽かつ簡単にプラごみのリサイクルに参加できるスキームを模索した。参加することで、資源も楽しさも循環させることができるようなプロジェクトを目指す。

今後はトライアルの効果検証を踏まえて、日本全国の自治体や小売業、リサイクル業者などと協働し、持続的なプロジェクトに育てていく予定だ。

Follow Us