コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

若者の「可愛げ」と「大物感」におじさんはやられる(ゲスト:石川善樹)【前編】

share

【前回コラム】「いろんなものが制限される状況で、より音楽に必死になった(ゲスト:渡辺淳之介)【後編】」はこちら

今週のゲストは、予防医学研究者の石川善樹(よしき)さん。2020年4月に出版された、『フルライフ~今日の仕事と10年先の目標と100年の人生をつなぐ時間戦略』の具体的な内容について、うかがいました。

今回の登場人物紹介

予防医学研究者の石川善樹さん。

※本記事は7月26日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

澤本さんと中村さんが共作!嵐の5Gバーチャル大合唱の制作秘話

澤本:はい、皆さんこんばんは、CMプランナーの澤本です。

中村:皆さんこんばんは。WEB野郎こと中村ヒロキです。今回は権八さんがお休みでございます。どんなバカンスに行ってらっしゃるのか……。そして実はまだリモート収録が続いているんですよね。最近の仕事とか……そうだ!私WEB野郎こと中村は、最近たまたま澤本さんとお仕事をやらせてもらいまして。

澤本:はいはいはい。やっていますね。

中村:この番組のスポンサーのソフトバンクのお手伝いで嵐さんと5Gバーチャル大合唱というものをやりました。

<関連記事:ソフトバンク、嵐と共に歌える「5Gバーチャル大合唱」プロジェクト開始

澤本:やってまーす。

中村:はじめはビデオツールを使って「いっせーのせ!」で合唱しようと思ったんですけど、どうやっても時間のズレがあって……。

澤本:歌った音声が届くまでに時間がかかるってことだよね?

中村:そうそう。うまく合唱にならなくて。その企画は3日間募集期間があったんですけど、みんなで決まった時間にアプリやWEB上に専用のツールをつくって、カラオケボックスみたいな感じで収録するという。

澤本:うん。

中村:それをできるだけ早く集めて、テレビCMで合唱にしようっていうような企画をやっております。

澤本:そのCMをつくる以前に、ヒロキ君たちはその声を集めるためのシステムをつくんなきゃいけないんだよね?

中村:そうですね。システムをWEB野郎中村がつくらせていただいて、最終的なアウトプットのCMは澤本さんに面倒を見てもらうっていう。

澤本:結局過去になかった形のCMをつくっているという点では、なかなか面白いものだと思っているんだけどね。

中村:さて、早速ですがいっちゃいますかね。

澤本:そうですね。待たせるのも申し訳ないので。

中村:はい。今回もめちゃくちゃ楽しみな人をお呼びしています。今回のリモート収録のゲストは、この番組、2回目のご登場になります。予防医学研究者の石川善樹さんです!よろしくお願いします!

石川:ありがとうございます。

次ページ 「コロナ禍の隠れたパンデミック、病院に行けないジレンマをどうするか?」へ続く

Follow Us