オランダで見つけた遊び心あふれる店頭アイデア10選

1:歩いて屋根に登れる!? 公園と一体化したスーパー

アムステルダム市内の美術館が集結するエリアをはじめて家族で訪れた筆者は目を疑いました。なぜなら、ふと見上げたスーパーの屋上に人影が。急いで反対側に回り込んでみました。

するとなんとスーパーの入り口の反対側は、斜めになった屋根がそのまま芝生とつながっており、市民の憩いの場になっていました。つまりスーパーでビールやおつまみを買ったら、すぐにスーパーの上の芝生で日向ぼっこしながら楽しめるということ。

一見常識破りの店舗設計は、実はとっても利にかなうものだったのです。買い物と家族団欒が一度に楽しめるクレバーなアイデアに、自分の小さな常識がガラガラと打ち破られたのでした。

スーパーの屋根の上の芝生でくつろぐ人々の光景

2:店内に信号機!?「キャッシュレス」をゲーム感覚で伝える看板

また別のある日、お洒落なオーガニックなスーパーを訪れた際に、入り口で一際光る物体が。なんとお店の入り口に、信号機が設置されていたのです。よく見てみると、「CARD ONLY」「NO CASH」という文字。つまり「このお店では現金は使えませんよ」とお店の入り口で伝えてくれていたのです。

こうした情報を伝える看板は、普通に考えると「現金お断り」などの張り紙で済ませてしまいがちです。しかしこのように「信号機」という物体をディスプレイとして活用する事で、とても楽しく印象的にメッセージングすることができます。ゲートをくぐる際に、レースが始まるようなワクワクを感じさせてくれる素敵なアイデアでした。

信号機をわかりやすく伝えるディスプレイとして活用

次ページ 「3:お会計を快速に!?駅の改札のような盗難防止型セルフレジ」へ続く

前のページ 次のページ
1 2 3 4 5 6
堤 藤成(フェズ クリエイティブ・ディレクター/PR プランナー)
堤 藤成(フェズ クリエイティブ・ディレクター/PR プランナー)

新卒で電通に入社し、コピーライター、デジタルプランナー、クリエーティブディレクターとして、様々な企業のプロモーション、ブランディング、新規事業開発などを担当。主な仕事としては、日本初の人工知能コピーライタープロジェクト「AICO」の新規事業立ち上げをはじめ、国語の教科書に掲載された「さびしくなったら、おヘソをみよう」(日本新聞協会グランプリ受賞)、『One Show 展』(カンヌゴールド)、『JRA進撃の有馬記念』、IBM Watsonハッカソン『日本IBM賞』、宣伝会議第1回コラムニストグランプリなど受賞多数。マレーシアのELM Graduate SchoolにてMBA(経営学修士)を取得。現在は「消費、そして地域を元気にする」をミッションに小売業界のデジタル革新を担う株式会社フェズにて、クリエイティブ・ディレクションと広報に従事。クリエイティブコーチとしても活動。またオランダ在住のリモートワーカーとして、EU圏からアジア圏まで海外リテイルのトレンドについても執筆や講演など精力的に活動中。主な連載『VUCA時代の小売と消費』(ダイヤモンド社)、『世界の小売から』(宣伝会議 AdverTimes)等

堤 藤成(フェズ クリエイティブ・ディレクター/PR プランナー)

新卒で電通に入社し、コピーライター、デジタルプランナー、クリエーティブディレクターとして、様々な企業のプロモーション、ブランディング、新規事業開発などを担当。主な仕事としては、日本初の人工知能コピーライタープロジェクト「AICO」の新規事業立ち上げをはじめ、国語の教科書に掲載された「さびしくなったら、おヘソをみよう」(日本新聞協会グランプリ受賞)、『One Show 展』(カンヌゴールド)、『JRA進撃の有馬記念』、IBM Watsonハッカソン『日本IBM賞』、宣伝会議第1回コラムニストグランプリなど受賞多数。マレーシアのELM Graduate SchoolにてMBA(経営学修士)を取得。現在は「消費、そして地域を元気にする」をミッションに小売業界のデジタル革新を担う株式会社フェズにて、クリエイティブ・ディレクションと広報に従事。クリエイティブコーチとしても活動。またオランダ在住のリモートワーカーとして、EU圏からアジア圏まで海外リテイルのトレンドについても執筆や講演など精力的に活動中。主な連載『VUCA時代の小売と消費』(ダイヤモンド社)、『世界の小売から』(宣伝会議 AdverTimes)等

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

このコラムを読んだ方におススメのコラム