カインズ、メーカー向けデータ販売開始 来春にはID-POSデータも

share

カインズは8月2日、メーカー向けにPOSデータを閲覧できるツールの販売を始めたと発表した。メーカーへのデータ提供で、プロモーションや商品開発に生かす。

日用品や雑貨、インテリア用品、建築、農業用具などのメーカーが対象。商品名、販売価格、店舗、個数、売上金額などが毎週更新される。他メーカーや他カテゴリーのデータも閲覧できる。

2022年春には顧客IDと商品の売り上げ情報を紐付けたID-POSデータの提供を始めるほか、地域の暮らしに合わせた分析を踏まえ、販促活動や商品開発の提案につなげる。

カインズは7月末時点で全国に226店舗を展開し、10万点超の商品を扱う。社員全員から意見を集める全員参加型の商品開発や、メーカーと協業して商品を開発する「カインズデザイン展」などを実施してきた。

カインズは来店客の日常生活に寄り添うライフスタイルの提案を強化している。写真は7月21日に「カインズ幕張」内にオープンした「DIY Square(DIYスクエア)」。DIYにまつわる相談を受け付けるスタッフが常駐する。「DIYスクエア」のロゴはビームスがデザインした

Follow Us