コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

「三上、じゃなくて見上です。」 演出家志望のハタチ女優が登場(ゲスト:見上愛)【前編】

share

演劇に傾倒していった理由

中村:そんな見上さん、実はまだデビューから3年目なんですね。

見上:そうですね。ちょうど丸2年経ったくらいです。「3年目に突入しました!」くらいな。

中村:すごい。じゃあ、想像できなかったんじゃないですか? 今の活躍は。

見上:そうですね。表に出る仕事をするつもりは全然なかったので。なんか変な感じです。ありがたいなと思いつつ。

澤本:何をきっかけに、こういう仕事を始めたんですか?

見上:きっかけはいくつもあるんですけど、最初は中学2年生のときにたまたま観に行った舞台で観劇にハマって。そこで、「演劇関係の仕事をしよう」って思ったのが最初ですね。

澤本:演劇部だったとか?

見上:いや、ハンドボール部で…。

一同:あはははは(笑)。

中村:ハンドボール部で、たまたま演劇を観に行って。

権八:お父さんに連れて行かれたんでしょ?

見上:そうです! 2.5次元だったんですけど…。

中村:えっ! 『テニスの王子様』みたいな?

見上:そうです。そういうのです。そこから普通の舞台も観に行くようになって、ハマりました。

澤本:舞台がいいっていうのは、身体表現がいいと思ったから?

見上:お客さんの反応を見てて、みんなすごい幸せそうな顔で帰っていっていたからですね。「すごいパワーがあるんだな」と漠然と思って。最初はそんな感じでした。今は色々と、「こういうのが好き」とかはありますけど。

澤本:資料を読んでみると、寺山修司が好きなの?

見上:演劇関係の仕事に就こうと思って、演劇部に転部した日に寺山修司さんの『犬神』のオーディションをしていて。そこで寺山修司さんに出会って、調べていくなかでハマっていった感じですね。

澤本:寺山修司にハマっていると人に言うと、ちょっと特殊な方向の人になるよね?

見上:そう思われちゃうんですよね。そんなことないんですけど。

澤本:でも、僕…。

権八:卒論ですよね。

澤本:大学の卒論、寺山修司だったんですけど。

見上:えっ! そうなんですか?

中村:あれ、WEB野郎中村もですよ。

一同:えっ!

澤本:本当?

中村:寺山修司だけじゃなくて、現代演劇なんでほかにもいますけど。

権八:ほら、きた! よかったね、今日来てね。

見上:よかったです!

中村:でも、確かにハタチで『天井桟敷』は…。

澤本:寺山修司をよく観るんですか、今でも?

見上:今は『万有引力』とかは観ますね。テント芝居とか。

澤本:すごいね。テント観に行くの?

見上:行きます!

中村:そもそも高校ですか? 演劇部で『犬神』をやろうっていうのは。

見上:そうです。あと別役(実)さんとか。そういうのしかやらない演劇部で。

澤本:別役さんやってるの?

見上:私、寺山さんと別役さんしかやっていないという。演劇部では。

中村:すごいね。だって、高校の演劇部でしょ。もうちょっと柔らかい、昔で言ったら『第三舞台』とか。最近で言ったら、クドカン(宮藤官九郎)さんとかやりそうな気がしますけど。

見上:そうですね。私たちのひとつ前の代は野田(秀樹)さんで。

中村:ああ、そうですね。野田さんはね。

見上:『半神』とかやってましたね。

中村:それで『犬神』を見て、「おもしろ!」ってなったんですか?

見上:「わけわかんない」って思いましたね。

中村:そうですよね。

見上:本当にわけがわからなくて。「これをどうやれって言うんだ」って思って。でも、作者の生い立ちとかを調べたらもうちょっと理解できるかもって、調べているうちにわかるようになったかな、くらいの感じです。

権八:でもハマったんでしょ、寺山修司に。なんでハマっちゃったんですか?

見上:どうしてなんでしょうね。なんかタイミングもあったような気がします。やりたいことが定まってなくて、「これもやりたい」「あれもやりたい」みたいなタイミングで出会って。
そんなときに寺山さんが「元々、人間は多面的なものだから、マルチにやるのをわざわざマルチっていうほどのことじゃないよ」とも言っているのを見て。「じゃあ、私も色々やってみよう」と思ったんですよね。節目節目で寺山さんの言葉や作品が関わってきていたから、好きになったんだと思います。

中村:それで見上さんは演劇をやって、さらにそれを広げようと、ワタナベエンターテインメントの門を叩いたと。

見上:叩きましたね。

中村:原宿でクレープ食ってたらスカウトされた、とかではなく?

見上:全然そうではなくて。ワタナベの養成所に自分で入って。そこで声をかけていただいてっていう感じです。

澤本:そうなんだ。

見上:入ったときも、演出家になるためには、演技を学ばなきゃいけないみたいな発想で入っていました。

一同:へ~。

権八:元々は演出志望ということ?

見上:そうです。演劇の演出家にどうしてもなりたくて。

澤本:そうなんだ。

権八:あらららら。

中村:でも、寺山修司が好きだったんですよね。

見上:そうですね。ボクシングとかは、あんまり見ないんですけど。

澤本:そうだよね。お母さん殺したことを書かないといけないもんね。だってね。

見上:だから、同じような表現はできないなって思って。

澤本:あと競馬やらないといけないね。

見上:馬買わないと、自分で。

一同:あはははは(笑)。

中村:馬そのものを買わないとね。じゃあ、演出もできて、自分で演技もするっていうコースに入ったんですか?

見上:中高が厳しい学校で、劇団で演技をやるとか、ワークショップとかもちょっとあやしいラインだったんですよ。習い事としてみなされないというか、芸能活動に入っちゃう可能性があったので。ただ、ワタナベのスクールは習い事として行けますって言われていて。習い事で演技ができると思って入りました。

澤本:じゃあ、18歳で卒業してから始めたってことですか?

見上:そうです。高校を卒業して、大学に入って何カ月かしてから事務所に入りましたね。6月とか7月とかだったと思います。確か。

澤本:じゃあ、この短期間で我々がこれだけ目にしているっていうことなの? すごいことだよ。

次ページ 「『すぐおわ』メンバーも震撼するオススメ映画」へ続く

Follow Us