電通デジタルと電通、CX領域に500人規模のクリエイター集団『CX Creative Studio』を設立 トップに佐々木康晴氏が就任

share

電通デジタルと電通は、500人規模からなるバーチャル組織「CX Creative Studio」を11月15日付で設立した。クリエイティブの力を広告表現から拡張させ、新規獲得からCRMまでデュアルファネル全体でCX(顧客体験)を実現する組織を目指し、トップであるオーナーには電通のチーフ・クリエーティブ・オフィサー(CCO)である佐々木康晴氏が就任した。

「ブランディングとマス起点のクリエイティブ」に強みのある電通、「データ起点のクリエイティブ知見」が豊富な電通デジタル、「グローバルケイパビリティとUI/UX」において評価されてきた旧・電通アイソバーのクリエイターが合わさることで独自の価値を発揮していきたい考え。
具体的には「CX Creative Studio」では、①唯一無二のブランドストーリーを生み出す力(ブランディング力、ビジュアライズ力、クラフト力)、②愛される手触り・振る舞いをデザインする力(人を中心とした緻密なUI/UXデザイン)、③ひとりひとりに適応するもてなしを設計する力(データマーケティングとクリエイティビティの高度な掛け算)の3つの力を提供していきたいとしている。

【CX Creative Studioの体制】
○オーナー:電通 佐々木康晴 執行役員/チーフ・クリエーティブ・オフィサー(CCO)
○ボードメンバー:
電通 CXクリエーティブ・センター 並河進(代表)
電通デジタル 田中信哉 執行役員(代表)
電通デジタル 小林大介 副社長執行役員
電通デジタル 篭島俊亮 執行役員

Follow Us