『新婚さんいらっしゃい』司会卒業の桂文枝・山瀬まみに向けた、2種の感謝広告

share

桂文枝と山瀬まみが司会を務めてきた長寿番組『新婚さんいらっしゃい』(朝日放送テレビ)。この度、桂文枝の年齢的な理由もあり司会の2人が番組を一緒に卒業することになり、3月27日がその最終登場回となった。

同日、番組制作を手がけてきた朝日放送は2人への感謝を伝える2種の新聞広告を朝日新聞に出稿。全国版(大阪を除く)には「あの椅子」篇、大阪版には「感謝状」篇が掲載された。

朝日新聞全国版に掲載した「あの椅子」篇。
桂文枝が椅子からずり落ちる「お決まり」の芸を彷彿させるビジュアル。

ボディコピー部分。

大阪版に掲載した「感謝状」篇。

企画をした朝日放送 マーケティング局PRプランニング部長 井上勤氏は「半世紀以上の歴史を誇る番組のリニューアルに際し、桂文枝師匠・山瀬まみさん、そしてすべての関係者に感謝の思いを伝えようと考えた」と話す。

新聞広告を選択したのは、「その日ならではの感謝を示す」という点で新聞が適していて、手元に届く手紙のような役割を果たしてくれると考えたため。「お二人の最終ご登場回の番宣であると同時に、この番組が持つ愛情あふれる精神を改めて示すブランド広告という役割もあります。SNSでも拡散されることで、番組の今後への注目度の向上も視野に入れました」と、「あの椅子」篇のコピーを手がけたコピーライター 村橋満氏は説明する。

大阪版だけ表現を変えた理由としては、「視聴者参加型番組は大阪が発祥と言われており、その大衆文化に育ててもらった番組が朝日放送にも数多くあります。その恩返しの意味も含めて、より親近感を感じさせられるような表現をあえて地域限定で掲載しました」と、クリエイティブディレクター 山中貴裕氏。

『新婚さんいらっしゃい』は1971年に放映開始。当時から2022年までの51年間、桂文枝が司会を務めてきた。また山瀬まみは1997年から司会に着任し24年間、桂文枝と共に司会を担当した。

後任には藤井隆と井上咲楽が起用され、4月3日から放映が開始されている。


スタッフリスト

企画制作
うたみな+満+FIRST LIGHT GRAPHIC
ECD
井上勤、野嵜喜美子
CD
山中貴裕
C
村橋満(「あの椅子」篇)、山中貴裕(「感謝状」篇)
AD+D
中村元
撮影
四方田俊典(「あの椅子」篇)

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us