エステーが「ニューノーマルの学校の衛生対策」ガイドブック配布

share

エステーは、同社が販売する業務用除菌剤「Dr.CLEAN⁺(ドクタークリーン)」のPR施策として、2021年8月から医療環境管理士・松本忠男氏と共に、除菌応援プロジェクト「福育」を実施している。6月15日、特設サイトを開設し、さらなる啓発を目指す。

「福育(拭く育)」とは、正しい拭き方や健康になる掃除法を広める活動のこと。『「拭く」ことで、社会に「福」を招く。人を育てる。人に寄り添う。』をモットーに、松本氏とともに、ホテルや消防署、学校、保育園などにおいて正しい清掃方法の啓発を行ってきた。

「福育」特設サイトでは、これまで行ってきた「福育授業」の様子や、「福育」で提唱している正しい拭き方などを掲載。また、「子どもたち主体の授業を通して、子どもたちの衛生観念も大きく変わった」「知識としてではなく、本物の体験を通した生きた学びになった」「コロナ禍で育っている子どもたちにとって、福育を通して得た技術だけではなく、心の育ちが、とても大事だと思う」といった、授業を導入した教育関係者や児童の声なども掲載している。

また、サイト内にはウィズコロナ・アフターコロナで求められる学校の衛生対策についてまとめた「ニューノーマルの学校の衛生対策」ガイドブックを用意。学生への衛生指導に活用できるようにした。

ウィズコロナ、アフターコロナに予測される学校の衛生対策の変化について教職員への調査を元に紹介。またニューノーマルでの新しい衛生対策のポイントについてまとめた。

 

拭き方次第では目に見えない菌やウイルスを拡散してしまっているケースも。ガイドブックではイラストを交え正しい清掃方法を解説する。


Follow Us