展示会場でプチプチ回収しリサイクル、業界初

share

インフォーマ マーケッツ ジャパンは、6月23日・24日に開催する主催展示会において、空気緩衝材「プチプチ」の回収・リサイクルを、展示会業界で初めて実施すると発表した。

展示会場へ資材運搬に大量に使用され、通常であれば廃棄される空気緩衝材を、会場内で回収。プチプチを製造する川上産業に提供する。

川上産業では、自社製品に限らず使用済みの包材を回収し、再び製品化する「ループリサイクル」を推進してきた。現在では、プチプチ全体の80%以上が再生原料でできている。今回は同社の協力のもと、リサイクルを実施する。

使用済みとなった気泡緩衝材やポリ袋、ストレッチフィルムなどのポリオレフィン包材を回収し、製品の原料として再利用する、ループリサイクル。

年間約40種類のイベントを主催しているインフォーマ マーケッツ ジャパンでは、展示会の開催を通じた環境・社会・経済への責任や影響力を認識し、サステナビリティ向上を目指す、としている。


Follow Us