スマドリ「飲めない人」の声に寄り添ったSUMADORI-BAR SHIBUYAをオープン

share

アサヒビールと電通デジタルの合弁会社スマドリは6月29日、ノンアルコールや低アルコールの飲み物を揃えたバー「SUMADORI-BAR SHIBUYA」(渋谷区)の内覧会を行った。「飲めない自分のままでいい。」をコンセプトに6月30日にオープンする。

「SUMADORI-BAR SHIBUYA」。

同店では、クラフトドリンクなど100種類以上から自分にぴったりのアルコール度数と味を選ぶことができる。例えば、多様性を尊重しすべての人が交じり合うことを表現した看板メニューの「Marbling Rain(マーブリング レイン)」は、自家製クラフトレモネード、ジン、炭酸水にカラフルな綿あめをグラスに添えたカクテルだ。アルコール度数0.0%、0.5%、3.0%の3種類を用意し、飲めない人も親しみやすい味をアルコール度数で飲み比べが可能。

看板メニュー「Marbling Rain」。多くのドリンクメニューにアルコール度数0.0%、0.5%、3.0%の3種類を用意している。

決済はすべてモバイルオーダーで完結する。来店者が事前に登録した基本情報や飲酒に対するアンケート、注文商品の詳細などの情報を収集。ノンアルや低アルコール飲料を好む層の嗜好などを分析し、今後の商品開発やマーケティングに活用するという。

同社は「SUMADORI-BAR SHIBUYA」をフラグシップに、自治体、企業との提携による「スマートドリンキング(スマドリ)」機会の共創も視野に入れている。同日には、渋谷に集まる多様な個性とともに可能性開拓型プロジェクトを推進する渋谷未来デザインと共同で「渋谷スマートドリンキングプロジェクト」を発足。コロナ禍で増加した路上飲酒によるマナー悪化などに対し、適正飲酒セミナーなどを実施、健全な飲酒文化の醸成を目指す。
※様々な人々の状況や場面における飲み方の選択肢を拡大し、多様性を受容できる社会を実現するための取り組み。


Follow Us