コラム

まちの「よくわからない」コピーライター

コピーライターってよくわからない。

share

コピーライターってなんなんでしょうね。
わたしもコピーライターのはずなのですが正直よくわかりません。

現在はコンセプトづくりを中心に企業の『言葉顧問』なども務めていますので「企業や商品・サービスなどの課題を解決する方向性を言語化する」とか言ってしまえばいいのかもしれませんが、なんだか仰々しくて胃がもたれます。しかも、これはあくまで「わたしの場合」なので「勝手に決めつけるな」と思うコピーライターの方もいらっしゃるでしょう。

自分で言っておいてなんですが、わたし自身もそう思う一人かもしれません。実際のところ、まったく関係ないエッセイ書籍の原稿を執筆していたり、家族と暮らすまちに『よくわからない店』なる名前の店をオープンしていたりもするので。

つまり「コピーライターとはなにか」はそれぞれ異なるわけで「これといったなにか」ではないのかもしれません。なんでもありといいますか。なんでもないといいますか。言語化するのが仕事なのに自分がなんなのかは言語化できないだなんて「医者の不養生」みたいな話ですが、それもまたコピーライターの醍醐味なのでしょうか。

そもそも、わたしがそんなよくわからないコピーライターになったのはたしか32歳のときでした。大学卒業後は怪しげなオトナの会社で働いてみたり、中国で立ちあげた翻訳会社の支社長をやってみたり。10年で10職以上を流転して「もうここらへんでいいや」と人生を諦めかけたときに第52回宣伝会議賞グランプリを受賞して「もうすこし生きてみるか」とコピーライターへ転身したのです。すでに活躍している同世代のコピーライターたちからすれば遅すぎる第一歩。どうすればコピーライターとして生きていけるのか。まわりとちがう歩きかたを最初から考える必要がありました。

ただ、先ほどもお伝えしたようにコピーライターの定義は良い意味で曖昧です。その門戸は狭いようで開かれています。特別な資格もいりません。自ら名乗ればだれでもコピーライターになれるのですから。そこで、わたしも当時所属していた東京のウェブ制作会社で「コピーライター」を名乗ってみることにしました。すると、社内では珍しい肩書きだったこともあり「コピーライターってよくわかってないんだけど、こんなこともできたりするの?」といった相談がじわりじわりと集まってきました。

その後は大阪の制作会社へ転職(移住)するのですが、ここにもやはりコピーライターは一人もおらず。デザイナーの求人募集になぜか「コピーライターって募集してますか」と問い合わせてみたところ「よくわからんけど必要な気がしてきた」といった感じで働くことになりました。

なにが言いたいのかと言いますと、わたしのコピーライターとしてのキャリアは、コピーライターの「よくわからなさ」のおかげでなんとなくスタートできたのかもしれません。

じゃあ、最初はそれでいいとして、そこからどのようにコピーライターを続けて独立までに至ったのか。今はどのようにコピーライターとしてまちで暮らしているのか。そのあたりはご興味があれば次回以降にぜひまた。全6回(隔週)の連載コラムになるそうなので。もちろん、途中で打ちきられなければですが。

田辺ひゃくいち

ただの『一(ぼう)』代表。『よくわからない店』店主。コピーライター。コンセプター。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、オトナの会社や中国法人の支社長など10年で10職以上を流転したのち、第52回宣伝会議賞グランプリを受賞。もうすこし生きてみることに。東京や大阪の制作会社を経て独立。現在はコンセプトづくりを中心に企業の『言葉顧問』なども務め、2021年には家族と暮らす東京・小平市に『よくわからない店』をオープンした。足立区生まれ足立区育ち。偽名。
Twitter:https://twitter.com/tanabe101


Follow Us