岩手に未来型のカフェ誕生 OMOによる新しい地方創生モデル

share

NTT 東日本、コネクテッドコマースなどは8月3日、NTT 東日本岩手支店に、最新テクノロジーによるライブマーケティング CAFE『AZLM CONNECTED CAFE manorda いわて店』をオープンすると発表した。開業は2022年10月予定。

CAFE『AZLM CONNECTED CAFE manorda いわて店』イメージ。

同店は、カフェとして飲食の提供をしつつ、最大約130点の岩手県内外の特産品や新商品、旅行商品など、さまざまなモノ・コト・ヒトを展示。来店者は、実際に見て、体験した後に気になった商品はECで購入する仕組みだ。

AZLMとは「From A to Z , Live Marketing」の頭文字を引用しており、あらゆる商品をライブでマーケティングできる未来型のカフェを意味している。2021年7月には渋谷の地下街「しぶちか」に「AZLM CONNECTED CAFE」をオープンしており、今回はCAFE機能を備えた初のフランチャイズ店舗となる。

店内にはNTT東日本のICTソリューションを活用したカメラを店内に設置、来店客の購買行動を分析し、ECサイトでの購入履歴なども含めた分析データを記録する。これらは展示商品の出展者に共有され、OMOによるライブマーケティングが可能になる。


Follow Us