コラム

広告コピーの正しい悩み方 ~中村禎の場合~

avatar

中村禎(フリーエージェント・コピーライター)

1957年 福岡県北九州市門司区生まれ。成蹊大学在学中に自分の適性を判断するため、宣伝会議コピーライター養成講座へ。J・W・トンプソン(営業職)サン・アド(仲畑チーム・コピーライター)電通を経て2016年に独立し フリーエージェント・コピーライターとして活動開始。TCC最高新人賞・TCCグランプリ・TCC賞など数々の広告賞を受賞。現在、『コピー年鑑』最終審査員、宣伝会議賞最終審査員、ピンクリボンデザイン大賞審査委員長、東京コピーライターズクラブ事務局長を務める。宣伝会議コピーライター養成講座専門コース講師は2017年で14年目になる


このコラムについて

宣伝会議では、「選び方」をテーマにした広告コピーの本『最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法』(中村禎・著)を2017年3月1日に発売いたしました。広告コピーを書くという行為は、「言葉を書きだす」、その中から最も伝わる「言葉を選び抜く」という二つのことに分けられます。何百本もコピーを書いたとしても、実際に使われるのは数本ですから、書いたものの中からベストなものを選べないとダメなのです。いいコピーを選べないと、いいコピーを書いたことになりません。ただし「こういう時は○〇を選べ」というように、決まりきった選択基準なんてありませんから、一つひとつ、しっかりと悩んで考えなければならないのです。このコラムでは、本を書きながら“広告コピー”について思ったこと、考えたことなどをお話ししたいと思います。