「HAL課長代理」がビジネスマンを代表し、新オフィスファッションを提案/はるやま商事「満員電車」編 、「オフィス」編

share

はるやま商事「満員電車編」編 、「オフィス」編

はるやま商事

紳士服販売のはるやま商事は、同社が提案する新たなオフィスファッション「SAVE BIZ(セーブビズ)」を訴求するテレビCMを6月23日に放映開始した。従来のクールビズが涼しい「スーツスタイル」を意味していたのに対し、セーブビズはポロシャツやクロップドパンツなど、これまでオフィスファッションとしては馴染みのなかったアイテムをオフィスファッションに取り入れることを提案するもの。作品中では、セーブビズのキャラクター「HAL(ハル)課長代理」が、ビジネスマンを代表して、セーブビズの導入を会社、社長に提言する。同社WebサイトにはHAL課長代理のプロフィールが掲載されている。勤続19年、特に今まで目立った手柄はなく、上に意見らしい意見を言ったことがない平和主義のHAL課長代理が、意を決してセーブビズ導入を訴えるという設定だ。特設サイト「save biz.jp」では、セーブビズへの賛同企業・団体を募集しており、6月29日現在、160社が賛同している。企業や団体に、セーブビズの導入をトップダウンで推進してもらうことを目指す。

期間
2011年6月23日~2011年7月17日
地域
西日本のみ6月26日、関東7月17日まで
対象
すべてのビジネスパーソン
目的
明らかに例年と異なる現状を考慮し、「脱スーツ」を掲げ、暑さに対応した新たなオフィスファッションの定義として「SAVE BIZ(セーブビズ)」を提唱した。通常のクールビズファッションでは乗り切れないことが予測される7~9月をセーブビズ期間として訴求し、服装の選択に迷っている企業やビジネスマンに、多いに活用してもらうことを目指している。
広告会社
はるやま商事
制作会社
TYOプロダクションズ MEGURO-1
CD
関橋 英作
企画
ミック
C
八重田 暁子
AD
芝田 孝一
PR
松本 紀子
出演
HAL課長代理(SAVE BIZキャラクター)
略称
クリエーティブディレクター(CD)、コピーライター(C)、アートディレクター(AD)、プロデューサー(PR)、

Follow Us