ネットで売れる戦術~あのランディングページの何がスゴいのか――「販促会議11月号」より

share

文:売れるネット広告社 代表取締役社長 加藤公一レオ氏

インターネット上でモノを売る際、ランディングページを作り、ユーザーの興味を引きつける必要がある。今月号より、九州で一貫してダイレクトマーケティング型ネット広告に従事する、売れるネット広告社の加藤公一レオ氏が良いと考えるランディングページを紹介してもらい、その良さを客観的に解説してもらう。第1回目はそもそも売れるようにするための仕組みについて。

ここでは、販促会議2011年11月号に掲載している第1回の全文を掲載します。

JIMOS「Coyori[美容液オイル]オリエンタルディープオイル」

現在のネット広告業界ではキレイゴトばかりが語られている。多くの広告主が普通のネット広告の活用もままならない段階で、“次世代テクノロジー”や“トレンド”ばかりに目をとられている。

なので、この連載に関しては、ネット広告のキレイゴトなどは一切語らず、ズバリ「どうやったらネットで“売れる”か」について具体的に書くつもりである。すべての方が簡単にネットでの反響を大きくして儲けるノウハウを、なるべく分かりやすく伝授するつもりである。広告のクリエイティブやメディアの戦術を語る前に、まず重要なことは「儲かる“仕組み”」を構築することである。“仕組み”ができこそ、広告は生きてくるのである。

ただし、世の中の多くの企業は、“仕組み”が無いまま広告を実行している。広告で高い商品の即時購入を一生懸命あおり、買ってくれたわずかなお客さまに、無関係な大量のメルマガを送付し続ける・・・。

その結果、CPA※はボロボロなのはもちろん、その広告費を回収するほどの売り上げ/利益を稼ぐことができない。「儲かる“仕組み”」が無いまま広告をやり続ければ続けるほど、赤字がどんどん累積していくのである。

そのため、多くの企業は大規模な販促が可能な「純広(バナー広告・テキスト広告・メール広告等)」では採算がとれないために撤退して、誰でも採算がとれる「リスティング広告」及び「アフィリエイト広告(定率型)」を使い、小規模でニッチな販促を“細々”と行っている。

ところが「儲かる“ 仕組み”」をうまく構築すると、大規模に「純広」をやっても、採算がとれるビジネスモデルができあがるのである。

ネットで売り上げを最大化するため、つまりは儲けるための仕組みはとてもカンタン。

次の三つのステップを継続的に行うことである。①レスポンス②引き上げ③リピート。この三つが売り上げの最大化につながる。成功している企業は、例えどんな業種であろうと、このステップに沿ってネットマーケティングを行っているのだ。「まずは広告で“見込客”を徹底的に集め、その見込客の多くを購入に引き上げて“既存客”にし、その既存客に何度も何度リピート購入してもらい“固定客”に育てる」といった中長期的視点のビジネススタイルにてネットマーケティングを行っている。実際にネットで大量に出稿している(もっというと出稿できている)ダイレクト系の広告主を研究すると、ほぼ9割型がこのモデルで実施しているのである。

※ CPA(Cost Per Action)…顧客獲得単価

次ページへ続く


Follow Us