コラム

since 1963 コピーライターの登竜門!第50回 宣伝会議賞 特設コンテンツ

宣伝会議賞1分アドバイス(19)中村猪佐武さん「良いコピーを生むのは、ADやプランナーとの『あーでもないこーでもない』」

share

いよいよスタートした、第50回宣伝会議賞。

今回も、広告界の最前線で活躍するクリエイティブディレクター、コピーライター、CMプランナーが審査員を務めます。その数、なんと100人!

このコーナーでは、審査員の皆さんが日替わりで毎日登場します。プロのコピーライターの皆さんは一体、どんなシチュエーションでコピーを生み出しているのでしょうか?宣伝会議賞のグランプリ、そしてコピーライターとしてのキャリアアップを目指す皆さんに向けたメッセージもお届けします。

中村猪佐武

本日は、マッキャンエリクソンの中村猪佐武さんへのインタビューを紹介します。
主な仕事に「グラソー ビタミンウォーター」、MasterCard「Priceless」などがあり、最近の仕事としては、製薬会社・MSDが今年の元旦の新聞に出稿した「AGA 七福神」編が挙げられます。
※新聞広告のビジュアルは、『宣伝会議』10月1日号の誌面でもご紹介しています。ぜひご覧ください!

――コピーが浮かぶのは、どんな瞬間でしょうか?

中村さん 書いておいたコピーを会議室で広げながら、AD(アートディレクター)やプランナーとあーでもないこーでもないと言い合っている時に、良いアイデアが浮かびます。

―― コピーは、一度書いたらそれきりではなく、もう一度考え直したり、周りの人に意見を聞いたりしながらブラッシュアップしていくことが大切かもしれませんね。コピーを考えるときの、マストアイテムと言えば何でしょうか?

中村さん コーヒーとパソコンですね。

――コーヒーをマストアイテムに挙げる方がかなり多くいらっしゃいますね。応募締め切りまで残り1カ月強。コピーを考える応募者の皆さんの傍らには、どんなものが置いてあるのでしょうか…?

次回は、赤城廣告の赤城廣治さんへのインタビューを紹介します。かつて宣伝会議賞に応募していた際に、最終ノミネートまで勝ち進んだコピーを公開していただきました。ご期待ください!

中村猪佐武(マッキャンエリクソン/クリエイティブディレクター)
1969年生まれ。主な仕事に「グラソー ビタミンウォーター」、MasterCard「Priceless」、AGAなど。TCC新人賞、クリエイター・オブ・ザ・イヤー メダリスト、
東京インタラクティブ・アド・アワード銀賞など受賞多数。


【宣伝会議賞1分アドバイス バックナンバー】


もっと読む

『宣伝会議賞』
日本最大規模の公募広告賞「宣伝会議賞」は第50回を迎えます。1963年にスタート以来、広告界で活躍する一流のコピーライターのほか、糸井重里さん、林真理子さんといった著名な書き手を輩出してきました。50回目となる今回は50社の協賛企業から課題が出されており、第一線で活躍する100人のクリエイターが応募作品を審査します。課題は9月1日発売『宣伝会議』本誌にて発表、2012年10月31日が締め切りとなります。

「since 1963 コピーライターの登竜門!第50回 宣伝会議賞 特設コンテンツ」バックナンバー

Follow Us