「TBWA式いいアイデアの見きわめ方」/「SWAT」参戦記 前編

share

不正解のアイデアにも、意味がある。

「みんな真面目で疲れる…」。SWAT中盤、僕と木村の間に初めてのグチがこぼれた。僕らだけではない。実はミーティングの空気も少し変わっていたのだ。さすがに1つのブリーフだけに向き合い、企画し続けているせいか、全体的に脳の疲労感がにじみ出ていた。雰囲気も、企画の中身も。

そこで、僕らはオリエン無視の企画を出そうと決意した。無謀とも言える「ダジャレ企画!」(もちろん英語の)。採用なんて考えてない。Crazy Japaneseと笑わせるためだけの1案だ。この “ ずらし ” 、僕は日頃から意識してやることがある。博報堂に入社して、自分の周囲には、開成やら東大やらエリートばかり。頭の良さじゃ勝てっこない、でも企画の偏差値を下げれば武器(違い)になると。

結果、アメリカ人からも、カナダ人からも、ベルギー人からも、フランス人からも笑いを取れた。企画はもちろん不採用だったが、悔い無し。翌日は空気も変わり、みんな企画が弾けていた気がするから。そしてなによりも、仲良くなれたから。(そのダジャレポスターは、各国チームが記念撮影を行うほどの大人気でした…)

さいごに

SWAT in Paris 5日間短期決戦型のチームワークが。左端がAD木村洋、右から三人目が筆者。

と、とりとめとなく書いてしまいましたが、これらは決して「いいアイデアを生む方法」ではありません。ただ、アイデアの良し悪しの感覚を肌に染み付かせていくことは、間違いなく自分の企画を磨くことにつながると思います。ヒットを打った後に、その時のフォームを思い出せば、何かつかめるものもあるでしょうし。さて、コラムを書き終えたので、企画に戻ります。チームの皆さん、明日僕が出す企画は「完璧」です。

荒井 信洋(あらい・のぶひろ)
TBWA\HAKUHODO コピーライター。2009年、博報堂入社後、コピーライターとして配属。2012年からTBWA\HAKUHODOへ。主な仕事に日産自動車「JUKE」、ドミノ・ピザ「Domino’s App feat.初音ミク」、集英社「ソーシャル・キングダム」「ジョジョ展」、Google「8bit map」「Googleでもっと」、Samsung「Space Balloon Project」など。デジタル畑に身を置く自称ソーシャル・コピーライター。CD業務としては、ADFEST、TIAA、Yahoo!JAPANインターネットクリエイティブアワード ・モバイル広告大賞など受賞。

Follow Us