コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

きっかけは

share

[寄稿者一覧はこちら]

【前回のコラム「「プロローグ」」はこちら】


竹本紗希子(アド・パスカル/宣伝会議コピーライター養成講座福岡クリエイティブ総合コース12期・上級コース福岡教室第3期、宣伝会議ラジオCM制作実践講座福岡教室第3期 修了生)

こんにちは。先週紹介した会社の前の桜も、
「春のパンまつり」ならぬ「春のネーミングまつり」に
追われていたら、いつの間にか葉桜になっていました。
今週もどうぞよろしくお願いします。

ところでこのコラム、思った以上に見られているものですね!
わたしが女性コピーライターとして目標とする人の一人、
西村麻里さんから先週のコラムをきっかけに
Facebookのお友達申請をいただきました。
すっごくうれしかった!!ありがとうございました。
お友達記念に、西村さんのコピーで大好きな一本を紹介します。

今死んだら、「あの太ってたひと」になってしまう。
(ATLAS/エステサロン)

さて。タイトルの「きっかけは」について書くとします。
・コピーライターになろうとふんわり思ったきっかけ
・コピーライター養成講座に通おうと思ったきっかけ
の2本立てです。淡〜い記憶をたぐり寄せてみます。

Follow Us