コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

コピーを書くということ(2) ― グーグルの本社は、田舎にある。

share

[寄稿者一覧はこちら]

【前回のコラム】「コピーを書くということ」はこちら

山﨑博司(TBWA\HAKUHODO コピーライター)

「つまんないなあ」「全然おもしろくないね」「てにをは違いじゃん」
2年目に入っても、一向に通らないコピーや企画。
先輩たちの輝くコピーを会議室の隅っこから眺める。
そんな日々をおくっていました。
そんなとき、自分にとって転機となる仕事が訪れました。
それは、コピーってこういうことか、を少し知れた瞬間でもありました。

コピーって、こういうことか。

業務のスキマをみつけて参加した、毎日広告デザイン賞。
僕は『ふるさと』をテーマにした発言広告(新聞14段)の部に挑戦しました。

といっても、すぐにコピーが書ける訳もありません。
デスクでウーンウーンと唸っていたところ、
隣の席にいた師匠の井口雄大さんが一言。
「当たり前のこと書いても、誰も振り向かないんじゃない?
広告を見た人が、なるほどそれはいいかもと思って、
田舎に移り住んでみたくなることを書かなきゃ」と。

そのアドバイスを聞いて、確かにその通りだなと思ったんです。
『ふるさと』と聞けば、ほとんどの人が、
“山、川、田園といった風景、おじいちゃんおばあちゃん、治安の良さ…”
を思い浮かべる。自分のコピーを見返してみると、
自然や人のやさしさを表現したものばかり書いていたのです。
そんな『ふるさと』の良さは広告しなくてもみんな知っているし、
よほど新しい表現で伝えない限り魅力は伝わりません。
僕のコピーには、『ふるさと』が新しく見える発見や提案がなかったんです。

次ページ 「高校生のときの驚きを、コピーに。」に続く


コピーライターの登竜門、『第52回宣伝会議賞』応募受付開始しました

Follow Us