栄冠はどのチームに!?学生団体対抗企画、全61団体・約370人で実施中!チーム紹介(1)

share

11月4日の作品応募締め切りまで、残すところあと約2週間となった第52回宣伝会議賞。
本賞では昨年の第51回開催に引き続き、「学生チャレンジ企画」を実施している。
ゼミやサークルなど、いつもの仲間同士で10人以内のチームを組み、力を合わせてコピーづくりに挑戦する同企画。
10月10日に参加チームのエントリーを締め切り、今年は61団体・約370人が集まった。
ここでは、各チームのプロフィールや、企画参加にあたっての意気込みなどを全4回に分けて紹介する。
表彰団体は、「一次審査通過作品数が多かった上位2チーム」。
この中で、栄冠を手にするのはどの団体か。また、この中から入賞者は出るのか!?

参加チーム 15団体/61団体

グッドパーソンズ/チームカキノハナ・改/シャトーブリアン/ダチョウの卵/質を伴った一揆/竹内幸絵ゼミAチーム/TG・杜ガールズ/なかにし/倜儻不羈/Cow-power’s/TEAM FUKUOKA/神戸大学広告研究会AdTAS/コトノハ/渇望/CDLAB TOKYO

1.グッドパーソンズ(2人)

団体紹介

大学の友人同士で組みました。ド文系とド理系の、それぞれの良さを生かしていきたいです。

参加理由

広告のコピーをはじめ、街にあふれている「ことば」そのものに興味があります。
それらについて、どっぷりと思考を巡らせるということがあまりないので、大変良い機会だと思い、参加しました。

意気込み・目標

読んだ人が膝を打ち、ふとした拍子に思い出してしまうようなコピーをひとつでも多く書いてみたいです。
良いコピーとは何か、ということを考え抜いてみたいです。

2.チームカキノハナ・改(10人)

団体紹介

去年も参加してました。チームカキノハナ・改です!他チームに卒業メンバーがいるのでメラメラしてます♡

参加理由

学生企画に参加できるのも今年が最後なので!

意気込み・目標

いつでも表彰式に出れるように今からスーツを着ています!

3.シャトーブリアン(10人)

団体紹介

赤坂や虎ノ門、表参道によくいます。そんな人たちです。コミュニケーションツールを使って、寄せ集められました。

参加理由

学生最後の年だったので。今年を逃すと、もう二度と参加できないので。
そんなことを考えていたら、メンバーが集まっちゃったので。

意気込み・目標

とりあえず、全員で2万500本提出。つまり、一人あたり2050本提出。
一次審査通過本数の目標は、全員で205本。ぼちぼちやります。

次ページ 「エントリーNo.4.〜7.」に続く

Follow Us